コラム 元アイドルも実感…みんながストレスを受けている今こそ、人を褒めちぎろう~その1~

こんにちは、小川満鈴です!日を増すごとに、コロナ関係問題で世間が騒然となっています。実際に感染者も増え、世界での死者の数は10万人にもなろうとしています……(2020年4月13日現在)。日本でも外出を控えるようにお達しが出され、街も場所によってはですが閑散としています。本当に恐ろしい……。

見えないストレスが存在する

私も今までは編集者の方と実際にお会いして企画会議等をしていたのですが、それもなくなり完全にネットを介してお話をするようになりました。
もちろんこれは私だけではなく、政府が推奨するようにどの会社でも「できる限り」テレワークに切り替えている状態です。

では、これはどんな弊害を生むのでしょうか?対面ではなくなりますので他人との直接的な接触はなくなり、圧倒的にウイルス対策には有効ではありますが、同時に旦那さんや奥様、恋人同士、家族もみんな家にいることが多いということにもなります。

子供(だけではないですが)は遊ぶものがなくなって、テレビゲームが通常よりも売れたり、子供が簡単に楽しくできるような、ケーキやクッキー作りの材料が飛ぶように売れているのだそうです。そうやって少しでもお家での楽しみ方を探すって、とても素敵なことですよね!

そんな中、それでもやっぱり突然訪れた「籠り」に人間というのはストレスを感じるものです。例えば動物園でもそうですが、動物園に連れてこられた動物は、その「行動エリアの変化、縮小」によるギャップが大きなストレスとなり、病気になったり同じ行動を繰り返したりもします。次第に状況に適応はするのですが、それでもやはりそのストレスは色々な形になって現れます。人間も同じで、自分では気がつかないうちに誰かにキツイ言葉を使うようになっていたり、中には体に異変、頭痛や腹痛、肌に湿疹ができたりすることも。

1 2