コラム ライブやイベントができない…コロナの影響でアイドルはどこへ消えてしまったのか?~その1~

まず、そもそも収入はどこから得ていたのか?

一般の方がアイドルの収入源を想像する際、どんなものを想像されるでしょうか?おそらく一番最初に来るのは「楽曲の売り上げ」や「テレビ、映画などの出演料」ではないでしょうか?巨大グループの話題になりますが、CDに握手券が付いていて~というのも度々ニュースになりましたよね。が、これも含めて「楽曲」の売り上げとなります。

しかし、お話はここから。前項で書きましたように日本には数万人のアイドルがいるわけです。そしてそのほとんどのグループ、個人の歌は儲けとなるほど売れていません。これは冗談ではなく、100枚でもすごい!というアイドルがたくさんいますし、そもそもCD等を出している子がほとんどだったりもします。

じゃあどうやって儲けを出しているの?となるのですが、まずは「物販」というやつです。これはライブ会場での公演は終わった後等にロゴの入ったタオルだったり、シールだったり、キーホルダーだったり、そしてそれらを幾つ以上買うと今度は別料金で2ショット写真が撮れる!というようなもの。それぞれのアイドルの規模感に違いはありますが、1日に10万も利益が出れば御の字なのが平均でしょう(これ、ライブは毎日ではなく週末とかだけの場合が多いです)。

ですので、この手のアイドルの収入というのは、更にその売り上げを事務所の取り分の後に配分されるので、本当に少額なんです。なのでアイドルという肩書きを持っていても、普通にファミレス、コンビニ他でアルバイトをしています。

これは可哀想!って一見思うかもしれませんが、今の時代に好きなことをしているのですから、そのリスクを自分でカバーするのは当然だとも言えます。が、こういったアイドルの「ベース」であったライブ~物販もコロナで無くなってしまいました……。

さて、今このアイドル達はどうしているのでしょうか? ~その2~に続きます。

華やかに見えるアイドル業界ですが、裏では色々と大変なようです。

1 2