コラム ライブやイベントができない… コロナの影響でアイドルはどこへ消えてしまったのか? ~その2~

AKBを始めとした、握手会やチェキ会など会えるアイドルの存在はたくさんいます。しかし今、新型コロナウイルスの影響で、アイドルやエンタメ業界に異変が起きているようです。日本は今、存在する数万のアイドル、ほかお笑い芸人さんやミュージシャン、俳優さん等エンタメにかかわる人たちがかなりの窮地に立たされています。~その1~はコチラ

アイドルは今かなりヤバい状況になっている……現実の話

前編で説明しましたように、テレビや映画、コマーシャルに出ているのは本当に一握りであって、アイドルのほとんどは目の前のお客様が存在することによって成立していた職業です。それゆえコロナによる外出自粛の中、全く収入が無くなってしまっているのが現状です。

では、今どうやって彼女達は生活しているのでしょうか?これは名前はあえて出しませんが、私の友人(私より若い!)や、普段相談に乗っている子、そしてアイドル事務所を経営している方のお話を聞きましたのでまとめてみます。

まず一番多いのは、このコロナの影響で「フェードアウト」を余儀なくされるアイドル。というのも、聞こえは悪い部分があるかもしれませんが、そもそもふわっとした気持ちで「アイドルっぽいこと」をやりたくてやっている子も少なからずおりまして、その子達はこのタイミングで「やーめた!」となります。

友人の芸能事務所の子も、20パーセントが辞めた、辞めると言っているのだそうです。

そして、ふわっとアイドルではなく「絶対に夢を諦めない!」という子達も、ここへきて考えを改める時期になってしまいました。このタイミングで世の中のお金の動きや、エンターテインメント業がいかに「水物」かを理解したのです。というよりも、「普通に来月食べていけない可能性」がある職業に対しての現実と不安を覚え始めてしまったようです……。

1 2