コラム 女性に優しいとは何か?ナイナイ矢部さんの言葉から受け取ったもの ~その1~

こんにちは、小川満鈴です!人気お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史さんがラジオで「今回のコロナ禍後に風俗にかわいい女の子が短時間稼ぎにくるのが楽しみ」といった内容の発言をしたことは、放送後、大きな反響を呼びました。こちらの件に関しては前回のコラムで書いています。今回は、そんな岡村さんに対して、相方である矢部浩之さんが言った言葉について触れたいと思います。

例の岡村さんの発言が逆に教えてくれたもの

ラジオでの一言が波紋を呼び、大きなニュースに発展してしまったナインティナイン岡村隆史さんですが、その後、岡村さんは同ラジオにおいてとても長い時間を取ってしっかりと謝罪をされました。そこに、ゲストとして岡村さんの相方さんであります、やべっちこと矢部浩之さんが来られ、岡村さんに対して説教という名のお話をされました。以下「ナインティナイン 岡村隆史のオールナイトニッポン202年4月30日放送分」より一部矢部さんの言葉を抜粋しつつ、お話を進めていきます。

矢部さんが岡村さんにとしてお話しされた約1時間半には、決して岡村さんに向けてだけではなく、女性はもちろん多くの男性にもとてつもなく響く内容だと私は感じました。

現時点におきましても、岡村さんの発言は謝罪をした今も(ラジオを聞いておられない方も多いかと思いますが)完全には終息をせず、不快な思いをされている方も多くいらっしゃいます。

が、今回の岡村さんの発言はある意味、男女の様々な関係に対して「考える機会」を与えてくれたように感じているんです。

世間はもちろんコロナの話題で持ちきりです。そして外出自粛期間の延長により、家族、恋人、個人が自宅内等で過ごすことが多くなっています。そんな中、人間同士が同じ空間にいれば「素敵」も生まれますが、同時に「いざこざ」「喧嘩」も生まれます。

特に男女というのは「好き」や「喧嘩」を繰り返して成長していくものですが、それを理解していてもなお、それ以上の争いが生まれてしまいがちですよね……。私は今回の矢部さんの言葉から、いくつもの大事な男女関係のための「キーワード」を教えていただきました。

1 2