コラム 元アイドルが解説!相次ぐ芸能人の退所・独立はなぜ起きているのか?~その2~

元アイドルの小川満鈴です。みなさん、芸能事務所っていうと、どういうイメージを持っていますか? 最近は、人気タレントの事務所独立が話題となっています。前編ではその裏にある理由についてずばり、語っています。~その1~はコチラ

最近、アイドル・芸人・女優の事務所退所が続いている背景

昨今、芸能人、アイドル、芸人、女優さんなどジャンルに関わらず事務所の退所が続いている背景には何があるのでしょうか?

この理由を語るには、それ以前に「芸能事務所の役割とは?」をお話しする必要が出てきます。

これは私も多少時代は違いますが経験したことなので語れるのですが、芸能事務所というのは簡単に言えば「お仕事紹介所」です。もちろんそこに「人を育てる」という意味が含まれる事務所もあるのですが、基本的な構図として、お仕事を所属のタレントに紹介するその「利ざや」を得て経営が成り立っています。「利ざや」というと聞こえはいいですが、芸能界では「ピンハネ」と呼ぶこともあります……。

とは言え、仕事を紹介、つまりは仲介しているのですから、その仲介料を事務所が取るのは何の問題もありません。

仕事を事務所に紹介してもらって仕事ができて……と一見なんの問題も起きないように思えますが、これは人によっては事務所とのズレが出てくるのです。

前編も少し書きましたが、例えば「A」という営業の仕事を芸人さんがしたとします。その営業で、事務所がクライアントから受け取るお金が10万だったとします。

そして、そこから事務所とタレントの「取り分割合」の話になるのですが、事務所によっては事務所が8割でタレントが2割だったり、5割5割だったりとかなり差があります。

これは普通は表に出ないものですが、今のネット時代には他の事務所の情報も知れるようになってしまった……。

するとタレントはどう考え出すのか?そうです、もし「その紹介料(事務所の取り分)がゼロなら……」って。

1 2