コラム 元アイドルだからわかる、芸能人のボランティア活動が売名と思われてしまうワケ~その2~

元アイドルの小川満鈴です。みなさん、芸能人のボランティア活動や、募金活動についてどう感じていますか? 善い行ないなのに、なぜ「偽善」と言われてしまうのでしょうか。~その1~はコチラ

芸能人は誰かの役に立つなら、どんどん売名を

私は、これは痛快だ!と思った方がいます。それは、歌手であり俳優の杉良太郎さんなのです。杉良様は、被災地支援や福祉活動に精力を傾けてきたのですが、一部の方々からの「そんなボランティア行為なんてパフォーマンスで、結局は売名だろ!」的な声に対し、「そうだよ、売名だよ。でも僕の行動で助かったとか、ありがとうっていう声があるからやってるだけ」という返答を意地悪な記者に対してしたのです。

これなんです。私もずっと思っているのは。

例えば、こういうサイクルがあればみんな幸せになります。
まず、一人の有名芸能人がいるとします。

そして、災害が地方で起きたとします。彼は売名のチャンスだと思って自分で自分をいいように掲載したり写真を撮ってくれる記者を従えて被災地に向かいます。

そして実際に物資や町の方々と交流をします。

お抱えの記者、メディアはそれを大々的に善意、素敵なボランティアとして掲載します。

このボランティアのニュースは世間に大きく伝わり、その芸能人の知名度と印象はさらにアップし、仕事も収入も増えます。

すると、もっとボランティア活動に費やすお金や行動を増やすことができ、それに同調して同じように困っている人を助ける人々が増えていきます。

そうなんです。このサイクルの何がいけないのか?ここ「売名だ!」と言って流れを途切れさせてしまったり、叩くことに何の意味があるのか……。

1 2