コラム 元アイドルもやるせない…時には命を絶つほどつらい、芸能界における心の葛藤

こんにちは小川満鈴です。今世間では私も胸が苦しくなるくらい驚いた、三浦春馬さんの死の話題でもちきりです。

そもそも芸能界とはどんなところなのでしょうか?

もちろん、私なんかがその奥にあった気持ちを理解することは到底できませんが、少しの間でも同じ業界にいた立場としてわかる部分もあります。
今回は、そもそも「芸能界」とは?そして、「芸能界の中に入るとどんな世界が待っているのか?」等について書いていきたいと思います。

まず、芸能界と一般の世界との境界線はどこにあるのでしょうか?昔はテレビや雑誌が絶対的な力を持っていましたので、それらに出演するだけで一躍スターのようなイメージがありましたし、実際にその場こそが「ザ・芸能界」だと言っても過言ではないでしょう。

しかし、今の時代はネットの普及によって、例えばユーチューバーのように昨日まで完全に一般の人だったのに、次の日には有名人!なんてことも十分にありえます。

そして、昔はいわゆる「芸能事務所」に所属していることも芸能人である証の一つでもありましたが、今はフリー、もしくは自らの個人事務所で活動する方も増えています。

つまり、ここ約20年で芸能界という形は大きく様変わりしたと言えるのです。しかし、まだ昔ながらの芸能界「気質」も残っているのが面白いポイントでもあります。そんな風にぐちゃっとした状態が、今の芸能界なのです。

では、どうして芸能界に入ってくる人が後を絶たないのか?

色々な要因があって、人は芸能界に入ってきます。もしくは「かじり」ます。
その要因ですが、これは批判を受けることを理解してあえて本音で書きますが、男性の場合、もちろん自分の芸や演技、歌を世間に伝えたい、試してみたいという部分の裏には「モテたい」が存在します。これは別に悪いことでもなんでもなく、人間として生まれた以上、それは究極の生物的欲求ですのでいいと思うんです。
女性の場合も基本的には同じでして(これは私もそうでした)、表に顔を出して、同性異性限らず「チヤホヤされたい」という根底が絶対にあります。そしてそれを現実にするにはただ単に、見た目が可愛いとかだけではダメで、その確率も少なくなるので、それぞれの演技や歌、他それぞれの技術を磨くんです。

また、その自己顕示欲と同時に存在するのが「金銭的な欲求」です。
これは現実的には「入ってみると、あれ?と思うくらい拍子抜け」してしまうのですが、一般で芸能界に憧れている人、入りたての人が意外だと感じてしまうだろうことは、「お金に関しても意外にもらえない……」ということなんです。
芸能界ってすごくキラキラしていて、テレビの豪華なセットがあって……と、とにかくお金がいっぱいの金の鉱脈のように映りますし、そう演出しています。ですので勘違いしてしまうんですよね、まだその情報がない方々は。

1 2