コラム 元アイドルが解説!芸能人って結局どれくらいの収入を得ているの?

こんにちは、小川満鈴です。世の中には人の数だけ仕事があります。普通の会社に属していたり、フリーランスだったり、公務員だったりそれぞれです。そんな中、芸能界というのはさらに特別な、いや特別というよりは「特殊」な職業であると言えます。

芸能人も実はサラリーマン?

しかし、特殊ではあるのですが芸能界での仕事も、「会社員」と「フリーランス」のように大きく分けることができるんです。 芸能人はまず事務所に所属しているかどうかが大きな分かれ目になりますが、所属していたとしても「歩合」か「給料制」でその収入に大きな差が出てきます。

例えば、契約時に(これは年契約や数年契約等様々)月に30万という契約をしているとしますと、当たり前ではありますがどんなにテレビに出てもコマーシャルに出ても、つまり超売れっ子でも30万円です。

しかし、逆に言えば月に1本しか仕事がなくても30万をいただけるという計算になりますよね。一方「歩合制」ですが、その名の通り、働いた分だけ、その中から事務所との割合計算をされていただくことになります。

どっちが本人にとって、そして事務所にとって有効なのかはそれぞれの考え方ではありますが、最近は芸能界の流れが早く不安定なので「給与制」は少なくなってきました。私も子役の時代は一時期給与制だったのですが、途中から歩合制に変わったのを覚えています。

さて、ここまでを前提として今回のお題に入っていくのですが、いつの時代も世間の偶像である「アイドル」って、一体どれくらいのお給料をもらっているのでしょうか?

AKBさんなどのアイドルブームで、アメリカでは「石を投げれば弁護士に当たる」と揶揄する言葉がありますが、日本では今、「石を投げればアイドルに当たる」なんて言葉があるほどアイドルは多く、大小のグループ、個人を合わせると、20万人~が何らかのアイドル活動をしていると言われています。これ、すごい数字ですよね……。

私がまだ生まれる前くらいの時代を調べると、アイドルといえば絶対に手が届かない輝く存在で、100人もいなかったと言われています。それが今や数十万人……、いかにアイドルというものの敷居が低くなったかがわかりますよね。

とはいえ、昔のその時代と比べていわゆる飽和状態にもなっていますので、それぞれの収入もそれに比例して劇的に減っているのも事実なんです。後半では、これくらいの知名度だとどれくらいの収入を得ている?を具体的に書いていきます。

1 2

Ranking

Information