コラム 元アイドルはガチで見た、目立ちたい気持ちが死を招く…水難事故をなくしたい

こんにちは、小川満鈴です。普段、私のコラムでは芸能界のことであったり、結婚、恋愛に関するものが多いのですが、今回は少しそれとは違った内容のものを書かせていただきたいと思います。が、完全に恋愛や男女の話とはズレているわけでもないのです……。

毎日のように起きてしまっている水による事故

この夏の時期、コロナ云々は別としまして、いわゆる「水による事故」が毎日のように起きてしまっていますよね。小学生が川で遊んでいて流されてしまった~などというニュースを見ると、悲しい気持ちになります。

しかし、私が、言い方は悪いですが、「自業自得の要素もあるよ……」と思ってしまうのは、大学生や社会人になって、その場のノリで大騒ぎして水の事故につながっている方々のことなのです。

良くあるパターンが、社会人の20歳前後の団体が「男女で(ここ重要になってきます)」河原に来てバーベキュー。そして、お酒を飲んで川に飛び込んで流されるという行動。

もちろん今のこのコロナの時期には私はそもそも行きませんが、過去には仲間達と一緒に同じように河原でバーベキューを楽しんだことはあります。ワイワイと夏でないとできない開放感の中、仲間と外で食事をするのはとても楽しいですよね。

でもね、すると周囲に必ずと言っていいほど、男女の若い団体がデカイ音楽を流して、お酒を飲み過ぎているのか、声もでかく、なんだか良くわからない「ヒュー!」とか「ウェーイ!」と奇声をあげて暴れている連中がいるんですよ……。

言い方は悪いですが、あまり頭も良くなさそうな感じの方々が……。で、お酒で気持ちが大きくなったのでしょう。そこが「遊泳禁止」の場所だったとしても、その状態の彼らには何の抑制心も既になく、これまた予想通りに高い崖的なところから飛び込んだり、着衣のまま深いところまで行こうとしたりするわけです。そして……ね。

1 2