コラム 今年こそは結婚したい!と思う男女に伝えたい、小さなアドバイス~お部屋編〜

令和2年、あけましておめでとうございます。小川満鈴です。

新年の初めは私らしく、「結婚」に関するコラムから書いていきたいと思っております。計算してみますと、去年は50名程度の方の恋愛・結婚にまつわるご相談をお受けしてきました。

結婚したいけどできない!あなたのパターンは?

中には結婚しているご夫婦の喧嘩の仲裁のようなご相談でしたり、ちょっと重い内容ですが、旦那様のDV(ドメスティックバイオレンス)、絵に描いたような嫁姑問題などもあったのですが、9割以上は「結婚したいけれどできない」というご相談でした。


中でも男性、しかも35歳を過ぎても結婚できないのですが……という悩みが多かったのです。

当然ではありますが、結婚できないのには必ず何かの「原因・要因」があります。例えは悪いかもしれませんが(でもこの説明の仕方を私は相談解決によく使います)、食べ物の商品だとすると、その商品が「売れない」のには必ず何かしらの原因があるわけです。

根本的にその商品が「美味しくない」のか、「販売方法が下手」なのか、これにはパッケージデザインが問題ということもありますよね。そして、商品自体に問題はないのに「流通が上手くいっていない」ということも多々あります。

これを婚活に当てはめてみますと、「美味しくない」というのは「見た目がダメだったり、収入などに問題がある」。「販売方法が下手」なのは「本当はモテる原石なのに自分の磨き方を知らない」。「流通が上手くいっていない」のは「出会いの場所、出会える場所を間違えている」ということになります。

もちろん人間ですので、このどれかのパターンにバッチリとハマるということではなく、これらの要素が複雑に絡んでいる場合がほとんどですが、あえてこうして分解して自分を客観視してみると見えてくることがあるのです。

1 2