コラム 人との距離感は難しい……、仲良くなっても、どの程度自分のことを教えるのが正しい?

こんにちは、小川満鈴です。人間関係というのはなくてはならないけれど、でも場合によっては本当に面倒なものだなあ……と感じる今日この頃。私事ではございますが、最近こんなことがありました。

人間は比べる生き物だという事実

友人が「小川さんに会いたいと言っている人がいるんだけれど、ダメかなあ……」と相談をしてきてくれたんです。別に私は有名人でもないですし、正直「私に会いたいなんて逆に光栄で、私なんかでいいの?何が聞きたいのだろう?」と思いましたので、二つ返事で「もちろん、私でよければぜひ」とお返事をさせていただきました。

そして、数日後、今のこの時期、直接会うのはとお互い考えまして、オンラインで会話をすることになったのです。その彼女の年齢は私より少し上の女性だったのですが、初対面でもなんだか昔からの友達のような感じで色々なお話をすることができました。そして彼女が結婚について悩んでいて、私のコラムなどを普段から読んでいただいており、直接話をお聞きしたいと思ったという経緯もお聞きました。

蓋を開けると私も彼女も昔のアニメや漫画、グッズのファンでして、そんな共通項もあり急速に仲良くなりました。

それまではよかったのです。が、次第に、どんなに心を開いても「境界線」のようなものは持っておくべきだなと感じ始めたのは、実際に会って、彼女の旦那さんと私、私の旦那も含めて食事をした頃からでした。もともとすごく好奇心の強い方で、だからこそ私に会いたいとも言ってくれたわけですが、4人で会った時も私の旦那に対して「普通だとそこまで聞かないのでは……」と感じてしまうことまで質問をしだしたのです。

1 2