コラム 結婚したいのにできない…… 婚活アプリの自己紹介文でわかるその原因とは!?

こんにちは、小川満鈴です。今の時代、結婚に対する価値観も変わってきて、結婚制度に対する意見も様々です。中には結婚しないで一生を過ごそうと人生を送っておられる方も多くいらっしゃいます。

誰でも良い、が一番ダメなことに気がついていない

とはいえ今の日本では多くの人が結婚する道を選択していて、独身の人も多くの人が「結婚をしたい!」「結婚するのは当然」と感じているのではないでしょうか。実際、いわゆる婚活サイトやマッチングアプリ、結婚相談所に多くの方が登録しています。

私もこのジャンルに非常に興味がありますので日々色々なサイトを拝見して、ある意味「マーケティング」をしているのですが、「ちょっとこの方々は……」と思うことがたびたびあります。

それは特に男性に多いのですが、以下のような自己紹介文を書いているのです。

○◎◎県住みです、42歳です。優しくて一途な方を募集しています。
○◎◎に住んでいます。38歳です。18歳から34歳までの優しい女性いませんか?
○◎◎◎(県名)で、45歳です。普段優しいって言われます。可愛い人待っています。

嘘でしょ、と思われる方も多いかもしれませんが、これ本当なんですよ……。もちろん本人たちは本気でこれを書いているのでしょうけれど、この自己紹介文をみて、「素敵」「会ってみたい」と思う女性が本当にいると思っているのでしょうか……。

では、具体的にどうしてこのパターンの自己紹介文がダメなのか、そしてどうすれば異性のファーストインプレッションで興味を持ってもらえるのか、を次項でお話ししたいと思います。

1 2