コラム リアルでは婚活したがらない男性たち。婚活パーティーで感じた最近の違和感

こんにちは、小川満鈴です。

こちらの連載でも何度か書かせていただいているのですが、私は性別年齢、内容を問わず色々な方からのご相談をお受けしています。やはりダントツで多いのが「恋愛」絡みの相談でして、次に「お金・仕事」の相談が続きます。

最近の婚活パーティー事情

先日、ある婚活パーティー開催のお手伝いをさせていただいたのですが、正直びっくりしたことがあったのです。

数年前まではこの手のパーティーは圧倒的に男性の参加者が多数でした。女性の参加者が多い場合でも、男女比は5:5くらいでした。ところが、開催主催者の方にお伺いすると、最近は応募者の6~7割が女性で、男性はあまり積極的ではなくなってきているというのです。

もちろんパーティーの種類や場所によっては差があるかもしれませんが、全体的に変化してきているのは確実だとか。

正直意外でした……。私の元に寄せられる相談は、ネット上での男女の出会いやトラブルに関するものが多いのですが、ネットや婚活アプリですと利用者は圧倒的に男性が多いんです。だからこそ、いまだに「女性の会員は無料で男性は有料」というのが当たり前にもなっていますから。

先日の婚活パーティーの会場を見渡してみますと、女性の行動力がすごいように感じました。繰り返しになりますが、これは本当に意外でした……。

あくまでも数字的な計算ですが、日本の未婚人口は、20代~50代の男女を比べると、現時点で約300万人男性が女性の数を上回っています(※)。結婚を考える男女が多いだろうと仮定してこの年代をみましたが、数字上は男性が余り、「結婚できない」男性がいるということに。しかし、こうやって婚活パーティーを見てみると女性の方が多い……。ある意味でのこの矛盾について考えてみました。
(※平成27年国勢調査より、20~59歳の男女の未婚人口を合計して比較)

なぜ男性の婚活はネットが多いのか?

これはあくまでも私が普段相談をお受けしている感覚や、今回婚活パーティーを拝見しての考えでございますが、男性が婚活パーティーに積極的に参加しない理由は決して一つではないと感じたんです。私なりに分析した理由を挙げたいと思います。

1 2