コラム ネット時代の詐欺は若者がターゲットに。騙される人と騙されない人は何が違う?

こういった詐欺に引っ掛からないようにするには?

前頁の続きになりますが、このように実際に送ってきても中身は別物……となった場合、返品をしようにも会社とは一切連絡が取れません。それだけでなく、決済時に個人情報やクレジットカード情報を入力してしまった場合は、金銭被害に遭うことも考えられます。異常に安い衣料や商品サイトにはくれぐれもご注意ください。

お次はいわゆる「情報商材詐欺」についてお話し致します。

情報商材とは主にネットで商品として売られている情報のことで、たとえば副業や投資で高額収入を得るノウハウなどと称して高額な価格で販売されています。

「スマホ一台で1日に○万円稼ぐ方法」、「たくさんの成功者が出ている事実があります」などの誘い文句を目にしたことがあるかもしれません。

この詐欺では簡単にお金を儲けたいと考える若い人に対して、例えば「アフィリエイトで簡単に……」と持ちかけたり、「インフルエンサーになって稼がないか」と誘う事例も多いようです。

でもね、考えてみてください……。そんなに簡単に儲かるのだったらどうしてわざわざ他人にその秘訣を教えるのでしょうか?ご自身がこっそりと1人でやれば丸儲けですよね?この矛盾に気がつくことができるかどうか。これが騙される人と騙されない人の違いです。

先程の詐欺サイトの話にも共通したことが言えるのですが、一旦自分がその商品を「売る側」の立場になって考えてみてください。

ものを作るには色々な手間がかかります。材料費、労務費、輸送費…、それらを考えてみてください。これだけのものを作るのにどれくらいの費用がかかるだろう?そしてそれを売ったらいくらの利益が出るのだろう?と。
そのことに思い至れば上等な衣類に対して数百円なんてのはあり得ないと理解できて、これは詐欺だと判断できるはず。

ここなんです。情報商材にしても異常に安い衣類などにしても、一旦、逆の立場に立ってみること。そうすれば自ずと「矛盾点」に気がつくはずです。

どうか簡単にそれに飛びついてお金を払ってしまうのではなく、冷静に考えてみてください。少しでもこういった被害が減りますように……。

一度冷静になって考えましょう。おかしいなと感じたら詐欺かも…。
1 2

プロフィール

小川満鈴

おがわみな……子役から、十代前半にいわゆるジュニアアイドル(チャイドル)を経て現在はコラムニスト・ジャーナリストとして活動している。また、セーラームーンのマニアであり、日本一のセーラームーングッズコレクターでもある。2016年に結婚したが、その相手が自他共に認めるブサメン……。しかし、だからこそ見えてきた幸せ感覚を大事に、婚活に悩む女性・男性の相談も多く受けている。