コラム SNSで広がるネズミ講…知らないうちに加害者になっている可能性も

こんにちは、小川満鈴です。

私は恋愛や結婚を中心に、お金に関する悩み、そのほか様々な内容について、日々多くの方からご相談をお受けしています。もちろん私が完璧だなんて思っていませんが、経験や知識が誰かのお役に立つなら…という思いでアドバイスさせていただいております。

ここ数年で急増しているお悩みの中にSNSでのトラブルがあります。

一口にSNSでのトラブルと言っても多岐に渡りまして、誹謗中傷を受けたといった問題や、いわゆるリベンジポルノ的なもの、SNS間でのイジメもあります。そんな中、意外なくらい簡単に引っかかってしまう人が多く、最近、相談が増えているのがいわゆる「ネズミ講」です。

なんのメリットもなく人にお金をあげる人なんていません

ネズミ講というものを簡単に説明しますと、ある人が儲かりますよと誰かを組織に勧誘して金銭を受けとります。先に組織に加入した人(先順位者)が2人以上の人を勧誘し、さらにこの2人以上の人が同じく2人以上を勧誘して …という具合にねずみ算的に広がっていきます。これは法的に「無限連鎖講」と称され、法律で禁止されているものです。

最近では一見「ネズミ講に見えない」ようなネズミ講のビジネスが増えているようです。

SNSに「新規ビジネスに興味は無いですか?」といったDMが届いたり、「儲かる」とか「簡単に稼げる」といった言葉を使って、ネット上で勧誘してくることが多いようです。

これ、結構まだ知らない方が多く、お小遣いが欲しいといった軽い気持ちで学生や普通の主婦の方も参加してしまっている現状があります。

私の元にはこの手の相談が最近非常に多く寄せられていて、根本からこのようなビジネスの危険性を説明することから始めています。また、びっくりすることに「ネズミ講ってなんですか?」という相談者の方もいるので、本当に危険だなと思っています。

実際にどういう人間がやっているの?

TwitterやInstagram等をやっていて、いわゆるパリピ(パーティーピープル)的な派手な雰囲気の男女が、高級車に乗っていたり札束を手にしている写真、豪邸で高級シャンパンを飲んでいるといった写真を目にしたことはないでしょうか。そして、その投稿では、〇〇ギフト券100万円分プレゼント企画!などをやっていたりします。

これ、99パーセント裏があります。

1 2