コラム YouTubeのヤラセ、そしてそれを信じてしまう子供たち

こんにちは、小川満鈴です。こちらのコラムでは普段、恋愛や結婚、そしてタレントゴシップについて書かせていただくことが多いのですが、今回はYouTubeのちょっとした「闇」について取り上げたいと思います。

「ヤラセ」がいっぱい存在する…

今や幼稚園くらいの子供からお年寄りまで幅広い世代が視聴しているYouTube。さまざまなジャンルの趣味や特技を持つ方々の動画を見ることができるのはとても素敵なことですよね。見始めるとつい次から次へと夢中になってしまいますが、問題点もあります……。

YouTubeを「発信側」として利用する方の主な目的は「収益」です。もちろん趣味で日記的に使っていたり、知り合いとのコミュニケーションとして利用している方もいらっしゃいますが、やはり収益が目的の部分は大きいでしょう。当然ながらそれは違法でもなんでもありませんので、個人の自由でドンドンやっていただければと思っています。

でも、こういった動画の中には「ヤラセ」が含まれているものもあるのです。

今までもYouTuberがヤラセにより炎上し、その後、謝罪動画を投稿するという事例は数多くありました。つい先日も、ある心霊系YouTuberにヤラセ疑惑が浮上して炎上したのが話題になりました。多くの人に見てもらえる動画を作ろうとするあまり、こういったヤラセも増えてしまうのかもしれません。

ヤラセでも良い。でも見極める必要がある

配信されている動画がヤラセなのか本当なのかについては、「楽しければどっちでもいい」という方もいらっしゃるかと思います。個人の考え方にもよりますが、本当のことを少し盛るのは演出の範囲内と私は捉えています。

1 2