コラム 地味だったEさんが突然モテモテに…それで起きた悲劇とは?

こんにちは、小川満鈴です。

今回は、埼玉県にお住まいの24歳女性、Eさんから寄せられたご相談を、ご本人の許可をいただいたのでコラムとしてご紹介致します。

地味でモテない学生時代を過ごして……

Eさんは埼玉県の川越市で生まれ、地元の小中高に通いました。小学生の頃からあまり活発なタイプではなく、放課後にみんなが一緒に帰る時も一人ぼっちで、その一人なのを見られるのが嫌で図書室で時間を潰して、下校時間をずらしたりしていたのだそうです。

中学生になると漫画とアニメにハマりましたが、周囲には同じような趣味の子がおらず、一人でDVDをたくさん見るなど自分の趣味をドンドンと掘り下げていきました。

脱線しますが、このEさんの行動わかるんですよね……。正直私も同じような性格の子だったんです。私はセーラームーンの人形に話しかけたりしていましたから……。

そんなEさんですが、こういった引っ込み思案な性格もあって、男子とお付き合いなんてもってのほかで、話すこともできなかったと言います。次第にクラスでも浮いた存在になってしまい、酷いレベルではなかったらしいのですが、いわゆるイジメ、「無視」をされるようになったそうです。

でもEさんは自分の生き方に自信や誇りを持っていましたし、アニメや漫画が好きなことをやめる必要を感じませんでした。むしろ将来はそういった関係の会社で働きたいという夢を持つようになっていきました。

成績は悪くなかったので県内でも有数の女子校に進学し、無事に卒業。メディア系の仕事に就きたいと思っていたEさんは普通の大学に行って興味の無いことを勉強するよりは、その専門の技術や知識を身につけたいと思い、専門学校に進学しました。

しばらくは学校の全てが楽しくて仕方なく、毎日が充実していたのですが、次第にEさんに変化が起きてきたのです……。

突然モテるようになってしまい、自分を見失った

大好きなアニメ、漫画系のメディア専門学校に入学したEさん。しばらくは授業も楽しかったし、何よりも今までとは違って、周囲のみんながほぼ同じ趣味を持っているということが嬉しくてたまりませんでした。

しかし、ある日、Eさんにビックリする出来事が……。

それは、「人生初の異性からの告白」だったのです。

1 2