コラム 確実に喜ばれる「花ギフト」のオーダーのコツとは?お店に伝えるべき情報を知っておこう|オクリモノ総研

写真という二次元の世界でモノが持つ魅力を表現することを主な仕事としている、雑誌や書籍の編集・ライター兼広告のクリエイティブディレクターの女性と、スタイリスト経験もあるギフトのウエブショップのビジュアルディレクターの女性、2人が立ち上げた「オクリモノ総研」。

雑誌の企画やセミナーで「贈りもの」のテクやモノをご紹介している「贈りもの」のプロが、働く堅実女子が抱える「贈りもの」のお悩みをスッキリ解決!「贈りもの上手」の称号を手に入れられる、モノ選びのヒントや、オススメのアイテムなどをご提案します。

これまでの「オクリモノ総研」はコチラ

“予算を伝えて終わり!”にしていない?

「花ギフト」をフラワーショップでオーダーするとき、どのようにオーダーしていますか?

送別、お祝い、お見舞いなど、お花を贈るとき、フラワーショップに行って、どのようにオーダーをしていますか? 「〇〇用のお花を〇〇円くらいでお願いします」と予算を伝えて終わり……というかたが多いように思います。

フラワーショップによっては、オーダー時にあれこれ聞かれることがあると思いますが、それは贈る相手がどのようなかたなのかイメージづくりするためのリサーチ。どのようなかたなのかわかっていたほうが、手に渡ったとき、家に帰って飾ったときのことを考えて、お花を選んだりアレンジしたりできるというわけ。

しかし、どのフラワーショップもそういうリサーチをしてくれるわけではありません。忙しい時期や時間帯ならなおさら。予算内で“万人ウケ”する花束やアレンジを仕上げるショップも少なくありません。それでは、ショップの店頭に置いてあるものをそのまま買ったのと同じ。せっかくオーダーして作っていただくのなら、贈る相手に確実にフィットするものにしたいものです。

では、どのようにオーダーしたら、 喜んでいただけるステキな「花ギフト」になるでしょうか? 「花ギフト」のプロである、大手フラワーショップのおふたりに、お話を伺いました。

お話を伺ったのは……

■ 「日比谷花壇」でショップのプロモーションを担当する鈴木香菜さん

全国にショップを展開するほかオンラインショップも人気の「日比谷花壇」。  https://www.hibiyakadan.com

■「青山フラワーマーケット」で‌広‌報を‌担‌当する‌酒‌井‌陽‌子さん

「Living With Flowers Every Day」をコンセプトに、海外2店舗、国内100店舗以上を展開する「青山フラワーマーケット」https://www.aoyamaflowermarket.com/‌
1 2 3