コラム 「大人婚」のライフスタイルに寄り添う結婚祝いギフト2選|オクリモノ総研

働く堅実女子が抱える「贈りもの」のお悩みを、贈りもののプロ集団「オクリモノ総研」がスッキリ解決! 「贈りもの上手」の称号を手に入れられる、モノ選びのヒントや、オススメのアイテムなどをご提案。

「結婚祝い」は相手によって選ぶものを変えるべし

「結婚祝い」はペアものが定番。ペアなら何でもいいと思っていない?

女性の初婚平均年齢が29歳以上になってから久しい今日このごろ。女性の30代、40代での初婚も増えています。

仕事をしていると、同世代の友人だけでなく、先輩や上司など年上のかたに「結婚祝い」を贈る機会や、再婚で結婚式を挙げないかたにギフトでお祝いをする機会があるかもしれません。

「結婚祝い」のギフトといえば、夫婦で使えるペアグッズが定番中の定番。毎朝のコーヒーを2人で楽しんでいただこうとペアのマグカップを贈ったり、ラブラブな夜を過ごしていただこうとペアのパジャマを贈ったりしたことがあるかたも多いと思います。しかし、初々しさあふれるフレッシュな世代の新婚さんに喜ばれるものと、30代半ば以降の「大人婚」世代に喜ばれるものは少し違うようです。

近年、大人世代を中心に、シンプルでリッチなホテルライクのインテリアが流行し、上質なものに囲まれて丁寧に暮らすライフスタイルを目指す人たちが増えています。そのせいか、「大人婚」世代の夫婦の多くは、結婚をきっかけに、そのような生活を実現したいと思っているようです。

そんな風潮もあり、いま、「大人婚」の「結婚祝い」ギフトを選ぶなら、単におそろいのペアグッズではなく、新生活が想像以上にステキと感じられるようなアイテムがオススメ。

使うたびにその上質感にひたれるような、自分自身で買うには“ちょっと贅沢”と考えていたもの、毎日使う実用的なものだからとなかなか気が回らなかったようなものなどはいかがでしょうか? ペアで贈るとなると高額になる可能性もありますが、何人かで一緒に贈るようにすると、本人たちが手の届かなかったような上質なもの、気の利いたものを選ぶことができます。

あこがれの上質なライフスタイルを贈る「結婚祝い」2選

毎日手に触れる実用的なものが上質なものに変わるだけで、生活に充実感がプラスされます。日常的に使うアイテムを選ぶなら、シンプルで飽きのこないフォルムやデザインで、使い勝手がよい、食卓で使うものがオススメ。食事の時間が満たされると、生活自体がクオリティアップしている感じがするため。あこがれのライフスタイルを目指す「大人婚」世代への「結婚祝い」ギフトにふさわしい厳選アイテムをご紹介しましょう。

シンプルで美しいデザインの【木製のスープボウル】

夫婦茶碗は「結婚祝い」の定番ではありますが、その定番をあえて外し、スタイリッシュなフォルムで手に心地よくなじむ【木製スープボウル】をペアで贈るのはいかがでしょうか? 

我戸幹男商店 「欅 スープボウル 布袋(ほてい)」 6600円(税込)  全3色:Plain/Brown/Black 〈材質〉ケヤキ(ウレタン塗装) 〈サイズ〉φ117×72mm  

石川県には「木地の山中」「塗りの輪島」「蒔絵の金沢」と称される3つの漆器産地がありますが、「欅 スープボウル 布袋」を製造・販売している我戸幹男商店は「木地の山中」で明治時代に創業した木工所がルーツ。

素材や木地の精度にこだわり、高い技術を持つ職人・木地師が美しい天然素材の木目を豪快に見せるためにひとつひとつ丁寧に挽き上げる山中漆器の伝統的な製法は守りつつ、和の美意識に基づいた高い芸術性と実用性を追求したアイテムが人気です。

さまざまな感性を持つ職人から生み出される製品の数々はいずれも、シンプルでありながら、どことなくスタイリッシュ。手にするたびにその上質感を感じることができ、長く愛用できるものばかり。全国のセレクトショップや百貨店などからも声がかかるほどのクオリティと話題。

欅は木目の美しさで有名な日本銘木。塗装をすることで、自然が生み出す木目がくっきりと表れます。

数ある製品のなかでも「欅 スープボウル 布袋」を「大人婚」ギフトとしてオススメする理由は、毎日使えるマルチさ。スープはもちろん、お味噌汁、白米、煮物やサラダなど、どんな料理も盛りつけることができる大きさ&デザインであるため。きっと、毎日の食卓で欠かせないものになること間違いなし!

■我戸幹男商店 www.gatomikio.jp

***

次ページで、もう1点!

1 2