コラム これが本音!もらって困った‟NG結婚祝い”は「ペアグラス」|オクリモノ総研

働く堅実女子が抱える「贈りもの」のお悩みを、贈りもののプロ集団「オクリモノ総研」がスッキリ解決! 「贈りもの上手」の称号を手に入れられる、モノ選びのヒントや、オススメのアイテムなどをご提案。

贈りものは“相手に喜んでもらう”ためが大前提

お祝いやお礼、お詫びなど、込める気持ちはさまざまですが、「贈りもの」は相手に喜んでいただくために贈るもの。ただし、好みというのは十人十色。ですから、あの人に贈ってOKだったから、この人に贈っても喜ぶはず!と決めつけるのはNG。モノとしてはどんなにステキであっても、贈る相手の好みやライフスタイルから外れたものを贈ってしまうと、間違いなく「困ったもの」認定されてしまいます。

「オクリモノ総研」には、どんなものを贈ったらいいか?という贈りものの相談が多々ありますが、こんなものをいただいて困った!という話もたくさん集まってきます。話を聞くと、いずれも、相手の好みやライフスタイルなどが考えられないまま贈られたものばかり……。

今回はそんな、「結婚祝い」でいただいて困った!という「NGギフト」なかのひとつ、「ペアグラス」のお話をしましょう。

特別感のある「ペアグラス」は映えるけど“死蔵”する典型アイテム

「オクリモノ総研」のリサーチでは、「結婚祝い」でよくいただくものの筆頭は「ペア〇〇」など、夫婦で使えるセットもの。そのなかでも「ペアグラス」は王道中の王道♪

しかし、その一方で、“死蔵”されているいただいて困った「結婚祝い」として、「ペアグラス」が多く挙げられています。

なぜ「ペアグラス」が”死蔵”してしまうのか? もらって困る「ペアグラス」には理由があった……。(写真はイメージ)

「オクリモノ総研」開発担当責任者・久保の友人宅でも、「結婚祝い」としていただいた2つの「ペアグラス」が一度も使用されることなく、長いこと”死蔵”されていたそう。

1つは某ハイブランドの「シャンパングラス」。飲むのも食べるのも好きな夫婦ですが、結婚してすぐに子どもができ、育児に追われる毎日……シャンパンを自宅で楽しむ時間はほとんどない状況に。子どもが育ってからも、外での食事でシャンパンをいただくことはあれど、自宅でシャンパンを飲むということはほとんどないまま現在に至っています。

しかも、ハイブランドのものは“特別感”がありすぎるため、「ここぞ!のときに……」と気負いすぎて使うシーンが限られてしまうのも“死蔵”アイテムになってしまう原因のひとつのよう。

「独身の身からすると、結婚生活ってステキな時間を連想させるかもしれないけれど、現実は日常生活。だから、自宅でそこまでの“特別感”を楽しむことって、一般家庭ではなかなかないことも。ハイブランドの『シャンパングラス』ではなく、休日の夕食時に使えるくらいの『ワイングラス』であれば、登場シーンはあったかも……」 (「オクリモノ総研」開発責任者・久保)

「オクリモノ総研」の調査では、ハイブランドの「シャンパングラス」を“死蔵”させているというかたは多く、その本音は、やはり「使うシーンがない」「壊してしまうのが怖くて使えない」がダントツ!  

自分では購入しないような高級グラスは華やかさがあるので、「結婚祝い」など“特別感”のある贈りものとして “映え” ますが、使いづらさを感じる人もいます。“死蔵”させずに喜んで使っていただくことを考えるなら、気軽に使える大きさや形の「ワイングラス」や「ビアグラス」など、 使用頻度が高いアイテムを選んだほうがよいでしょう。

“特別感”はやりすぎると迷惑になる……

別のかたの家に“死蔵”されている「ペアグラス」は、かなり“特別感”がある「ワイングラス」。なんと2つのワイングラスそれぞれに、妻の名前、夫の名前がデカデカと彫られていたそう。名前が入っているため、使わない場合でも人に譲ることもできず、捨てるわけにもいかず、大変困っている様子。

「名前入りのギフトは“特別感”がありますが、アイテムや入れかたによっては おしゃれ感や上品さを感じられないものになってしまう可能性も……。もし、どうしても名前を入れてプレゼントしたいのであれば、さりげない大きさで入れたり、デザイン性のある書体のイニシャルくらいにしておくのが賢明かもしれません。」 (「オクリモノ総研」開発責任者・久保)

相手が使うのをためらわない、見るたび、使うたびにテンションが上がるようなアイテムを選びましょう。華やかさ、特別感よりも、喜んで使っていただくことのほうが大事です。

「『結婚祝い』のギフトではありませんが、ステキな形と色の泡盛グラスに小さく私のイニシャルが入ったものをいただいたことがあります。話を聞くと、私をイメージした色のものを選んでくれたとか……。こういうものなら“特別感”がありつつも、お酒を飲まない私でもデイリーに使うことができるので、贈りものとしても喜ばれるのではないかと思っています」(「オクリモノ総研」研究所所長・秋葉)

近ごろペアグラスより人気のものを次のページでご紹介していきます。

1 2