コラム 盛夏に“元気を贈る”気遣いギフト2選|オクリモノ総研

働く堅実女子が抱える「贈りもの」のお悩みを、贈りもののプロ集団「オクリモノ総研」がスッキリ解決! 「贈りもの上手」の称号を手に入れられる、モノ選びのヒントや、オススメのアイテムなどをご提案。

「お中元」以外の夏のギフト

夏の贈りものと言えば「お中元」を思い浮かべるかたも多いでしょう。「お中元」とは上半期にお世話になったかたへ贈る感謝のギフトのことで、仕事でおつきあいのあるかた、会社の上司など目上のかたのほか、恩師や離れて住んでいる家族や親族などに贈るかたが多いようです。配送で送っても失礼ではありません。

「中元」である7月15日に祖先の供養をする中国の風習が日本に伝わり、お盆と重なることで、「感謝を贈りものにする日」として広まっています。「お中元」はお盆に合わせて贈るのがベストですが、日本では、地域によってお盆の時期が違うので、注意が必要です。

東北・関東は7月初旬から15日まで、北海道・東海・関西・中国・四国は7月中旬から8月15日まで、九州は8月1日から15日までにお届けしましょう。北陸は7月前半に贈る地域と7月後半から8月15日までに贈る地域がありますので、お相手に尋ねるのもよいですが、それが難しければ7月15日前後を狙ってお届けするとよいでしょう。

「お中元」の平均予算は5000円程度といわれています。親族など親しい人なら3000円前後、お世話になった目上の方なら5000~1万円くらいが一般的です。

夏ギフトの定番、「お中元」の時期を逃した場合、どうすればよいでしょうか?

ふだん、なかなか会えないかたやお世話になったかたの健康を気遣い、壮健に過ごしてほしいとの願いを届ける夏のごあいさつとして、「暑中見舞い」と「残暑見舞い」があります。もともとギフトを送り合う文化でしたが、郵便の発達により簡素化されてあいさつ状を送る習慣になったといいます。ですから、そのタイミングでギフトを送るというのは間違っていないのです。

ちなみに「暑中見舞い」は小暑(7月7日頃)から立秋の前日(8月7日頃)までで、それ以降になるようでしたら、「残暑見舞い」として贈りましょう。8月末頃までに届けるのがよいですが、とくに暑さが厳しい夏の場合は、「処暑の候(9月7日頃まで)」贈る場合もあるようです。

「夏バテしていない?」そんな体を気遣う気持ちを贈る


相手を気遣う……その気持ちが伝わるギフトはうれしいもの。

「お中元」や「暑中見舞い」には、夏らしいギフトが最適ですが、「残暑見舞い」になってしまったときには、どんなものを選ぶのがよいでしょうか?

もちろん、まだ暑いので涼しげなものや冷たいものも喜ばれるでしょうが、暑い夏に体調を崩されていないか、というご機嫌伺いとしての意味を持たせるなら、相手の体を気遣うようなものを贈ってみてはいかがでしょうか。

夏バテ解消⁉ 体を気遣うギフト【2選】

夏バテの原因はさまざまですが、外気温と室内の温度差による自律神経の乱れや、汗によって体内の水分やミネラルの喪失、冷たいものを摂取することで内臓の動きが弱まることでの食欲減退、それにともなう栄養不足などです。

だるい、食欲不振などの身体症状のほか、無気力などの精神的症状を放置したままでいると、免疫力が低下したり、ストレス疾患として悪化することも……。

この夏、それらの症状があってもなくても、おいしくいただけるギフトのなかから、気軽に贈れる2つ、ご紹介いたします。

1 2