コラム 笑顔も届けちゃう! 見た目も可愛い、おいしいギフト3選|オクリモノ総研

働く女性が抱える「贈りもの」のお悩みを、贈りもののプロ集団「オクリモノ総研」がスッキリ解決! 「贈りもの上手」の称号を手に入れられる、モノ選びのヒントや、オススメのアイテムなどをご提案。

【オクリモノ総研】開発責任者・久保が、いま贈りたいギフト3選

雑誌や広告でファッションスタイリストとしてキャリアを積み、現在はギフト専門ウエブショップのビジュアルディレクターをしている久保が、いま贈りたいギフトは、どこかに笑いが生まれるもの。

コロナ禍でなかなか人と会うことができず、楽しめることがあまりない日々が続いている昨今。思わずくすりと笑ってしまうようなプチギフトで、 日常の中に小さな楽しみを感じてくれたらうれしいですね。

日々日々、仕事でさまざまな商品探しをしているなかで、そんな笑顔も届けられるギフトを 面白いものを見つけるたびに、贈った相手が「なにこれ~~(笑)!!」と笑顔になるのを想像して、ニヤニヤしています。

【UCHU wagashi】の落雁「drawing 」

和三盆を原料とし、木枠を使って1つ1つ手作りされている落雁。drawing 780円(税込)

「人をわくわくさせたり、しあわせにする和菓子。」というコンセプトがそのまんま形になっている、京都の和菓子ショップ【UCHU wagashi(うちゅう わがし)】の商品は、どれも配色やモチーフが可愛く、しかも、 ちょっとした遊び心があり、見ているだけでも楽しくなります。

数ある商品のなかでも、いちばん好きなのが「drawing(ドローイング)」。 ウロコのような形をした パステルカラーの落雁の詰め合わせですが、 ”お絵描き”という名前のとおり、絵を描くようにデザインできるので、遊びたい盛りの子どもにもピッタリの贈りものじゃないかと思っているんです。

京都にあるシックな和モダンの本店を知っていると、ユニークな商品とのギャップに、より萌える……。

実はこの商品、すでにいろいろな人にプレゼントしているのですが、男女問わず、大人にもウケがいいんですよね。箱を開けた瞬間、「なにこれ! 可愛い~♪」って言わない人は、まだ見たことがありません(笑)!

【UCHU wagashi】drawing

***

越乃雪本舗大和屋】の琥珀糖「万華鏡のかけら」

ピンクはラズベリー、ブルーはミント、クリアはプレーン、3種の色と味が楽しめる。万華鏡のかけら 1242円(税込)

ある企画のために商品のリサーチをしていて、たまたまたどり着いた【越乃雪本舗大和屋】のホームページ。そこで、目的のものとはまったく違ったのに、目が釘づけになってしまったのが、この「万華鏡のかけら」。パッケージだけ見たら、本物の万華鏡のよう! のぞき込みたくなっちゃいますよね♪

そんな感じで、贈った人に「え? 万華鏡じゃないの~っ!?」って驚かせたいので、サプライズギフトとして贈ろうと思っています。 覗こうとして、「なんだ、違うのかー!」となっても、中からこんなキレイな琥珀糖が出てきたら、思わずほっこりして笑ってくれるはず。

とりあえず、この「万華鏡のかけら」で仕掛けるサプライズの最初のターゲットは甥っ子の予定。

【越乃雪本舗大和屋】には「おいしいお絵かき」という、8色クレヨンにしか見えない和三盆もあるのですが、これも一緒に贈って、2段階のサプライズをしちゃうという手もあるな……なんて考えると、こちらまでニヤニヤ笑ってしまうんです。

まもなく訪れる甥っ子の誕生日も楽しみだし、甥っ子の次にはだれをターゲットにするか、考えるだけでも楽しくなっています。

越乃雪本舗大和屋】 万華鏡のかけら

***

【CHAPAN】のティーバッグ「NINCHA 8」

パッケージは異なるが、実は中身は同じ。青は伊賀IGA、赤がKOGA。左から、NINCHA 8 甲賀KOGA、同 伊賀IGA 各3456円(ともに税込) <内容>玉露の棒茶×2個、オリジナルブレンド茶×2個、上棒茶×2個、ほうじ茶×2個

仕事でデザインの参考になるものを探していたところ、デザイン専門のページでたまたま見つけたのが【CHAPAN(チャパン)】の「FUJICHAN 4(フジチャン フォー)」という、富士山をモチーフにしたティーバッグ。「なんて、おちゃらけた名前なんだ~!」って、思わず大笑い♪ ほかの商品を見ていたら、「NINCHA 8(ニンチャ エイト)」という商品も発見!!

ふざけすぎてて、おもしろすぎる!

忍者のシルエットと、手裏剣をモチーフにしたティーバッグ。

しかも、伊賀IGAと甲賀KOGAもあるなんて……。そのユーモアセンスに感服!

オリンピック前に見つけたので、完全に外国人旅行者向けのお土産だとは思いつつも、仕事に疲れた日本人の一服にも笑顔をもたらすこと間違いないって思い、だれかに贈りたい!!って気持ちに駆られています。

実はこの商品、オンラインショップではそれぞれ1日10箱のみの限定販売。まだまだ知られていないので、どのタイミングでだれに贈るか、笑いのツボが似ている相手を、虎視眈々と狙っています(笑)。

CHAPAN NINCHA甲賀KOGA

***

コロナ禍で、「最近、楽しいことがない」「しばらく笑っていない」って人が増えていますよね。記念日のように特別な日ではなく、なんでもない日のプチギフトは、それだけでうれしいもの。笑顔になれるおふざけムードのおいしいギフトでサプライズをしてみてはいかがでしょうか。

「贈りもの」のプロ集団である「オクリモノ総研」は、相手に喜ばれる「贈りもの」を見つけるのに参考になる情報を、これからも続々とお届けしていきますね。

☆☆☆

これまで「オクリモノ総研」がご紹介した「オクリモノ上手」になれる記事もチェック! https://suits-woman.jp/column/gift/

プロフィール

オクリモノ総研秋葉樹代子(研究所所長)/久保奈緒美(開発責任者)

写真という二次元の世界でモノが持つ魅力を表現することを主な仕事としている、雑誌や書籍の編集・ライター兼広告のクリエイティブディレクターの女性と、スタイリスト経験もあるギフトのウエブショップのビジュアルディレクターの2人が立ち上げた「オクリモノ総研」。「贈りもの」のプロ集団として、「贈りもの上手」の称号を手に入れられるモノ選びのヒントやオススメのアイテムなどをご提案しています。

■研究所所長:秋葉樹代子(主に執筆担当) 女性誌編集部で「手土産」「贈りもの」「女子会」などの企画を多々担当。某女性誌で手掛けた「贈りもの特集」は、大きな反響を呼び、過去最高販売部数を記録。現在は、編集・ライターとして雑誌や書籍の企画・執筆を手掛けるほか、広告のクリエイティブディレクターとしても活動中。

■開発責任者:久保奈緒美(主に選定&撮影担当)雑誌や広告でファッションスタイリストとしてキャリアを積み、現在はギフト専門ウエブショップのビジュアルディレクターに。スタイリスト時代に培った“モノ探し力”と“審美眼”に定評あり。和装の着付け師の資格も所有し、マナー等にも精通。