コラム 京女の移住体験記│標高559m登山から始めたアラフォー女性が標高3000m級「立山」に挑戦するまで【前編】

この5年間で住んだ地域は4道府県と、現在も更新中。そんな移住生活のオモシロ体験を綴った、アルム詔子の「京女の移住体験記」(前回の記事はこちら)。

富山県には、有名な山岳観光の目玉となる「立山黒部アルペンルート」がある。今回の記事は、登山ド素人の私が標高3000m級の「立山」に挑戦するまでの話を綴った3部作のうちの1作目。簡単にいえば、その準備段階での話である。

北海道を離れて、富山県へと移住した私とパートナーの彼。じつは、2人でできる趣味を見つけようと探した結果、目を留めたのが「登山」だった。なんといっても、富山県には、初心者向けの低い山が至る所にあるからだ。

登山に目覚めた私たちの汗と涙の記録。

立山に挑戦するまでの準備編を、早速、ご紹介しよう。

趣味を作ろう…と言われましても

なかなか年を取ってから新しいコトを始めようとは思わない。

ただでさえ、アラフォー女性は、自分の体力低下に敏感だ。これまで難なくできていたことが、あれれ…なんだか、しんどくないか? と感じて不安になる。一旦、見ないフリをし、いいやと棚上げするも、その予感は何倍も増幅して現実世界へと跳ね返ってくる。なんとも恐ろしい老化のスパイラルなのである。

そんなだから、新しいコトに手を出そうなどと思うワケがない。

それなのに、である。

パートナーの彼が、新しい趣味を持ちたいと言い出した。

約2年半住んだ北海道を離れ、久しぶりの本州へと戻ったからか。それとも、初北陸地方となる富山県へと移住したからか。どちらにせよ、生涯付き合えるような「趣味」を探そうと、私に提案してきたのである。

「いやいや、ムリムリ(笑)」と却下するはずが、つい、首を縦に振っていた。年下の彼につられて、無意識に若者ふうを装ってしまったのである。

救いようのないド阿呆な自分が、どうにもこうにも情けない。この決断が必ずや自分の首を絞めると分かっていながら、とうとう、私も一緒になって趣味探しを行うことに。

そして、彼が目を付けたモノが…。

──登山

「なんで登山なん?」

自分の目論見が外れたことに焦りながら、私は訊いた。

どこかで、インドアの趣味であれば大丈夫との思いがあったのだろう。それが、まさかのガチのアウトドア。それも、BMI25の私の体重が、もろ両膝めがけてのしかかってくるような「登山」だなんて。嫌がらせ以外に、一体、どういう意図があるというのだ。

「じつは、北海道のときから、やりたかったんだよなー」とのほほんとしている彼。

「じゃあ、なんで、北海道にいたときに始めなかったん?」

「大自然過ぎて…」

「はあ?」

「素人が手を出せるスケールじゃないやん」

彼曰く、北海道の山は、趣味で素人が手出しできるレベルじゃない。そんなイメージを持っていたため断念していたのだとか。しかし、今回移住した富山県には、「初心者におススメ」的な山がそこら中にたくさんあったのである。

「なあ、今週末、行こうよ」

ちびっこのようなキラキラした瞳が眩しすぎて、さすがに断ることなどできない。

こうして、私は老い始めた体に鞭打って、山登りを始めることにしたのである。

ああああああ!後悔しても始まらない…
1 2