コラム 京女の移住体験記│移住者が語る「北海道の冬の怖さ」1位…大雪そしてホワイトアウト【前編】

この5年間で住んだ地域は4道府県と、現在も更新中。そんな移住生活のオモシロ体験を綴った、アルム詔子の「京女の移住体験記」。

前回から続けて発表中の、住んでみて実感した「北海道の冬の怖さ」ランキング。

今回は、ようやく堂々の1位のご紹介である。

前回の記事では第2位を発表した。

冬の北海道では、あるあるの「凍結」だ。あまりの気温の寒さに、室内のモノが凍るという現象で、なかでも凍結した水道管が解け始めて起こる「水道管破裂」は、絶対に避けたい大惨事という話だった。

幸いにも、北海道に移住していた2年半弱の間、私たち(私とパートナーの彼です)は「水道管破裂」もさせることなく、本州へと帰省することができた。

ただし、それ以外の事情で、死ぬほど怖い思いをしたことがある。

それが、今回発表する「北海道の冬の怖さ」ランキングの1位。

一体、1位にランクインしたのは…?

ホワイトアウトを体験して分かったこと

京都に住んでいた頃、当時、北海道で起きた事故が大きなニュースとなった。

暴風雪による死亡事故である。

事故が発生したその日は、発達した低気圧の影響で午後から暴風雪となった北海道。車が相次いで立ち往生し、取り残された方たちが、翌朝に車内や車外で死亡した状態で発見されたという痛ましい事故である。

故郷の京都では、じつに「大雪で大変だ」という思いをしたことがなかった。特に市内では大雪など降った試しがなく、少し雪が降るだけで交通網は大混乱。ただ、電車の遅延やタクシーがつかまらないなど、住民の「足」にしわ寄せがくるだけで、「命」に関わるようなコトはなかった。

だから、暴風雪に遭遇して自宅から数十メートルほどの距離で倒れていたとか、そのようなニュースを見るたびに不思議に思っていた。あと少しの距離で、どうして自宅まで辿り着かなかったのか、想像しようにもイメージすらできなかったのである。

しかし、北海道に移住して、初めて「雪」が怖いと思った。

なかでも、ホワイトアウトに遭遇したときは、その恐ろしさが痛いほど身に沁みた。ちなみに「ホワイトアウト」とは、辺り一面が白一色となって視界が遮られる現象を指す気象用語である。基本的には強い地吹雪や暴風雪などで起こるようだが、雪や雲による光の乱反射などの場合もあるという。

このホワイトアウト、一体、何が怖いのかというと、方向や地形の把握が困難になるというコトだ。辺り一面が白くなれば、今、自分がどこにいるのかさえ分からなくなってしまう。だから、いくら近くに建物があっても避難すらできないのである。

そんなホワイトアウトに私たちが初めて遭遇したのは、北海道に移住した1年目の冬。タイミング悪く、車を運転する最中のコトだった。

ホワイトアウトでは、黒い車も雪で白く見えるのです…
1 2