コラム 京女の移住体験記│移住者が語る「北海道の冬の怖さ」1位…大雪そしてホワイトアウト【後編】

アルム詔子の「京女の移住体験記」

今回も、移住者が肌で感じた「北海道の冬の怖さ」をランキング形式でご紹介。果たして、第1位の内容とは?

後編は、新たなる恐怖の到来について。

【前編はコチラから】

住んでみないと分からない大雪の怖さ

あれからホワイトアウトを何度か経験した。

そのうち、先ほどご紹介した「人生初のホワイトアウト」はそこまでひどくはなかったのだと思うようになった。あの時はギリギリ運転もできたが、じつは一歩も動けないほどのものもあり、そのレベルは様々だと学んだのである。

一方で、北海道の冬に訪れる恐怖は、なにも「ホワイトアウト」だけではない。その事実を身を持って思い知った。全く違う理由だが、ホワイトアウトと同様、強烈に恐ろしい体験をしたのである。

それは、一体、何かというと…。

「雪」、それも「大雪」だ。「短時間」で「大量」の雪である。

ちなみに、猛吹雪にさらされるなどの激しさは一ミリもない。静かにしんしんと雪が降り積もる。ただ、それだけだ。だが、派手でインパクトがあるワケではないのに、これがじつに恐ろしい。どちらかというと、じわじわと来るような新しいタイプの恐怖である。ヤバイほどの底知れぬ不安を煽るのだ。

それは移住して2年目の冬のことだった。忘れもしない、2019年1月24日。

その日、北海道オホーツク海側で大雪や吹雪に警戒するようにとのニュースが流れた。

移住先のT町は、オホーツク海沿岸の紋別市より30㎞ほど内陸寄りにある。じつは、もともとT町は地理的に雪が多いエリアだと聞いていたのだが、移住した1年目は珍しく雪が少ない年だったとか。そのため、驚くような量の雪も降らず、私たちは安心しきっていたのである。

さながらオオカミ少年に騙される住民のように、「大雪」警戒情報が流れても、またまた…と侮っていた。既に経験しているくらいの雪だろうと、たかをくくっていたのである。

しかし、実際は天気予報通り、というか、それ以上の大雪が降った。

ああああ!雪の降るのが一向に止まらない!

それが、あの恐怖の始まりだったのである。

1 2