コラム 京女の移住体験記│登山初心者の私が標高3000m級の「立山」挑戦で得たモノ【前編】

この5年間で住んだ地域は4道府県と、現在も更新中。そんな移住生活のオモシロ体験を綴った、アルム詔子の「京女の移住体験記」。

今回は、登山ド素人の私が標高3000m級の山々からなる「立山」挑戦までを綴った3部作の完結編だ。と同時に、いきなりの「京女の移住体験記」の最終回でもある。

私たちの趣味の1つとなった「登山」。1作目では初心者向けの「尖山(とんがりやま、標高559m)」を、2作目では中級の「小佐波御前山(おざなみごぜんやま、標高754m)」を制覇した話を書いた。

そして、今回は遂に本番だ。実際に登ったのは「立山」の中の1つ、「雄山(おやま、標高3003m)」である。

なんだか感動秘話を想像されているかもしれないが、じつは、全くの逆だ。

軽い気持ちから始まった私たちの登山が、結果的にあんな災難に見舞われようとは…。その時の私たちは思いもしなかったのである。

コレって年のせいじゃないよね…

北海道を離れて富山県に移住した年の9月末。

私たちは、標高3000m級の山々の総称である「立山」のうちの1つ、具体的には「雄山」への登山を決めた。ちなみに、登山初心者の私とパートナーの彼が挑戦するに至った経緯は、前作、前々作をご覧頂ければと思う。

当日の9月28日。あいにく天気予報はギリギリの「曇り」だった。曇りといっても、山の気候はすぐ変わる。できれば「晴れ」を期待していたが、事前にweb予約で切符を手配しており、取材予定もあって日程の変更はできなかった。雨具や防寒具を用意し、私たちは朝の5時半に我が家を出発した。

自家用車で行けるのは「立山駅」までである。じつは、立山黒部アルペンルートには、自家用車の乗り入れができない。「立山駅」からケーブルカーで「美女平」まで行き、そこからは高原バスで移動する。料金は往復で1人6,000円ほどだ。所要時間は併せて1時間ほどだが、乗り継ぎの待ち時間も含めると実際は1時間半ほどかかった。目指すは登山のスタート地点となる「室堂(むろどう)」だ。

室堂ターミナルを出たところに石碑があります(筆者撮影)

8時半に室堂に着いて、まずは記念撮影をした。和気あいあいとした雰囲気の私たち。周囲の景色を見て、私が感嘆の声を上げた。

「そうそう、これ。こういうところを歩いて山登りしたかったん」

これまで登ってきた「尖山(とんがりやま)」も「小佐波御前山(おざなみごぜんやま)」も、緑豊かな山であった。木々が生い茂っていたので、虫やらなんやらで大変だったのである。それに比べれば、虫もおらず、この景色である。曇りであってもなんら問題はなかった。

「雄山は3003mだけど。ここがもう2450mだから、そこまで高低差がないしラクかもよ?」と彼。

「せやなあ」と私。

「富山県の小学生は、ここに遠足に来るんだって」

「へえ。小学生が本気の準備なしで行けるんやもん。大丈夫やな…」

スタート地点である室堂は標高2450mの場所にあった。目指す「雄山(おやま)」山頂との高低差は約550mである。ホームページに掲載されているモデルコースでは、有料トイレや山小屋がある「一ノ越」までは1時間、そこから雄山山頂までは50分となっていた。

念のため2倍の時間がかかるとして、昼食の時間も考慮し、取材の時間はかなり遅めに設定していた。膝に不安はあったものの、見渡す限り、緩い坂道が続いているだけだ。のちに階段があっても、かなりの距離をこのハイキングコースのような道で稼げるはずだ。そう見越した私は、勢いよく出発した。

この1本道から、登山がスタートしました(筆者撮影)

しかし、その15分後。突如、異変を感じた。

息が苦しいのである。平坦な道だ。坂道でもなんでもない。なのに、数歩歩いただけで息が上がるのだ。こんなところで、さすがにしんどいとは言えない。コレって、年のせい? まさか、ここにきていきなりの…更年期が来たとか? 分からない。全く原因が分からない。

相談しようと振り返ったと同時に、後ろを歩いていた彼が言った。

「なんか、しんどくね?」

待ち望んでいた言葉だった。

1 2