コラム 5.5センス、信じますか?│どうしてここにおみくじが?高野山で体験した不思議なお告げ【前編】

霊感、直感、虫のしらせなど、「第六感(シックス・センス)」がなくても、ただならぬ「何か」を感じてしまう…アルム詔子の「5.5センス、信じますか?」(前回はこちら

今回は、おみくじにまつわる不思議な話について。

もちろん、体験したのはワタクシ、アルム詔子である。

大好きな祖母の依頼で、和歌山県にある真言密教の聖地、高野山へと向かったのだが、そこで信じられない出来事に遭遇した。

それは、ただの偶然か。はたまた、言葉では説明できない何かしらの意図があるのか。

高野山でのおみくじ体験。一体、何が…?

寺社の数だけ「おみくじ」がある?

かつては、おみくじが好きだった。

若い頃は半ば運試しのように、行く先々の寺社でよくおみくじを引いたものである。

一口に「おみくじ」といっても、その種類は千差万別。和歌を用いている場合もあれば、4コマ漫画のように1つのストーリーとなっているものも。よくぞまあ、これほど色々なタイプのおみくじがあるものだと、感心してしまうほどである。

なかでも、人びとの関心事といえば、「大吉」や「凶」など、今後の行く末についてだろう。この点においても、やはり、それぞれの寺社によって、その趣は異なる。

例えば、私が学生時代に巫女のアルバイトをしていた伏見稲荷大社には、「大吉」を超えて「大大吉」というおみくじがあった。

日本三大稲荷の1つということもあり、とかく初詣の参拝客は群を抜く。もちろん、授与するおみくじの数も半端ないから、ついには「大大吉」の番号まで覚えてしまったくらいである。

一方で、おみくじには「凶」という真逆の結果も存在する。仮に初詣の参拝で「凶」を引いたとなれば、メンタルへの大打撃は必至。実際におみくじの内容が悪くなくとも、いかんせん1年の始まりが「凶」である。その言葉だけが先走って、なんだか不安が込み上げてくるから、どうしようもない。

だから、かつての私は、おみくじをどこか「占いのようなモノ」として捉えていた。仮に「凶」ならば引き直せばいい。そんなふうに、安直に物事を考えていたのである。

しかし、和歌山県にある「高野山」にて、不思議な体験をしてからというもの、その考えが変わった。

言葉では説明できない、何かしらの「力」が働いているかもしれないと、思うようになったのである。

「高野山」は、世界遺産にも登録されている一大聖地です!
1 2