コラム 京女の移住体験記│小さな町で繰り広げられる町議会選挙運動がまさかの事態に?【後編】

アルム詔子の「京女の移住体験記」

今回は、地方の選挙活動のオモシロ体験についての記事である。

前編では地方選挙の実情を書いた。

さて、後編では、地方ならではのありえない選挙活動をご紹介していこう。

北海道T町の選挙活動の模様である。

【前編はコチラから】

ウグイス嬢は…意外なあの人?

「なあ、気付いた?」

昼休み、昼食を食べに帰ってきたパートナーの彼。なんだかニヤニヤしながら、私の方を見る。

「何が?」

「あれ」

指差した方向に、1台の選挙カーが見えた。都会で走っているようなご立派なものではない。

──〇〇〇〇(候補者のフルネーム)は、T町を住みよい町に変えていきます!

車から流れてくる候補者への投票のお願いは、やけに臨場感がある。途中、少しだけその声が詰まったところで、録音された音源ではないコトに気付いた。そうか。実際に車に乗って、誰かがアナウンスしているのだ。

ただ、言ってはなんだが、素人感丸出しの音声だった。

私の記憶するウグイス嬢とはかなり違う。京都のまちなかを走っていた選挙カーのウグイス嬢は、どの人もすごかった。声質やイントネーションなどアナウンサーのような話しっぷりで、常に安定していた。加えて、声優顔負けの表現力で、必死さを醸し出していたのである。

「気付かない? この声」

そう彼に訊かれても、いまいちピンと来ない。

「向かいのさ、〇〇さんの奥さんだって」と種明かしをしてくれた。

確かに言われれば…。

最近、朝にあまり姿を見ないと思ったが、選挙活動に駆り出されていたというワケか。

「なんでまた?」

「店で顔なじみになって、頼まれたらしいよ」

さすが、田舎の町である。すぐそばのご近所さんが、ウグイス嬢だなんて。不思議な感覚だ。これも、小さな町あるあるの選挙事情だろう。

それから数日後。

投票日が近付くにつれて、何台もの選挙活動の宣伝カーが町を行き交うようになった。なんせ、森林が9割を占める町である。人間の住む場所が限られているT町では、同じ場所を宣伝カーが往復する事態となる。

その日は、午前中から騒がしかった。いよいよ投票日が迫ってきたせいだろう。うちの近くの道に、何台もの候補者の宣伝カーが入れ替わり立ち替わりでやってくる。

ただでさえ、リモートワーク中である。それも、安定したアナウンスではないから、聞いていられない。それでも、なんとか午前中は気力で乗り切った。しかし、午後になると、次第に私の集中力にも限界が近付いてきたのである。

そんななか、コトは起こったのである。

音楽を聴きながら仕事をするしかない!
1 2