コラム 「卒アルの上書き」に思うコト。自己を肯定も否定もしない、ゆる~い生き方は、どう?

良いことも悪いことも、人生、迷うことばかり。そんな他愛もない日常をゆるゆると綴ったアルム詔子の「日日是迷走」。

今回で最終回となるこのコラム。時期的なモノ、そして最後の私からのメッセージも込めて、クラウドファンディングを活用した「卒アルの上書き」を取り上げた。

何かしら卒アルに対して特別な思いを持っている人は、少なからずいるだろう。

そんな卒アルを上書きするって…。

「一体、卒アルをどうすんだ?」という疑問とともに、大いに戸惑ってしまった私。

「好きな自分」だけでなく、「嫌いな自分」との向き合い方を、最後のコラムで考えてみた。

卒業アルバムへの思い入れはある?

そろそろ3月となる。世間は卒業シーズンだ。

残念ながら、コロナ禍の現在では、以前と異なる新常態(ニューノーマル)での卒業式となるだろう。ただ、変わらないものもある。内容はどうあれ、卒業には欠かせない「卒業アルバム」だ。

この記事を書くために、久しぶりに我が卒業アルバムを手に取って…と思っていたのだが、京都の実家に置いてあるコトを思い出した。私の場合、小・中・高、どれをとっても遥か昔、ウン十年前の写真となる。引っ越しが多い今の生活に、わざわざ昔の写真をお供させるまでもないだろう。

それに、サブ的な理由もある。卒業アルバムの中の「当時の社会の出来事」だ。パートナーの彼とは同じ「昭和」生まれだが、それでも年代が違う。年齢差を改めて実感しなくても…と、そんな私なりの諸事情で、実家に置くことにしたのである。

ただ、私個人に関していえば、「卒アル」自体には、何の不満もない。

もちろん、写真を撮るとその場ですぐに確認できる今と違い、当時は「撮ってなんぼ」のアナログの世界だ。写真からはみ出していたり、ピンボケしたり、逆光で暗かったりと、不確定要素のせいで、出来の悪い写真となることもある。

それに「卒アル」には必須の集合写真にも、かなりの確率で間の悪い人間が現れる。多くの人がニッコリと表情を作っているなか、ストロボのせいで目をつぶった人が…というのも、卒アル「あるある」の1つだ。これも、大多数の人たちの一瞬を「写真」で切り取るため、犠牲が出るのも避けられない。

それでも、そんなアクシデントも含めて一切合切が「思い出」なのだろう。不出来な写真を見て、当時の状況がふいに甦ることがもある。横を向いて写っている写真から、あのとき誰かに名前を呼ばれたな…となって、そこから芋づる式に前後の懐かしい状況を思い出すのである。

だから「卒アル」は、思い出たちとの触媒となる重要な存在なのだ。

卒アルをネタにして、「あんときは~(笑)」と盛り上がるのです…
1 2