コラム なぜ、非モテさんは“都合のいい女”になってしまうのか?~その1~

付き合ってもいないのに、体だけの関係を持ってしまう“都合のいい関係”にハマっていませんか?非モテさんは、そんな“都合のいい女”になりやすく、逆に愛されさんは、“都合のいい女”とは無縁で、“本命の彼女”にしてもらえます。両者は何が違うのでしょうか?

なぜ、“都合のいい女”になってしまうの?

非モテさんが“都合のいい女”になってしまうのには、いくつか理由があります。

(1)付き合ってもいないのに、Hをしてしまうから

(2)彼の言いなりになってしまうから

(3)自分を大切にしていないから

(4)相手にとって“都合の悪い”部分があるから

1つずつ、解説していきます。

(1)付き合ってもいないのに、Hをしてしまうから

女性も性にオープンになってきたといっても、やはり付き合う前にHをしてしまうと、相手からは「そういう軽い人なんだ」と思われてしまう可能性は高いでしょう。現に、“付き合っていない相手”に体を許したわけですしね。

例えば、アラサーのAさんは合コンで知り合った男性に一目惚れをし、その夜にはお持ち帰りをされました。彼女は「Hをすれば、恋人になれるはず」、むしろ「自分の体の魅力で相手を惹きつけてみせる」とまで思っていたようですが、彼にとっては「簡単にHをさせてくれる軽い女性」という認識になり、恋人にしてくれないまま、今も体だけの関係が続いているようです。

男性の場合はなんだかんだ言っても、本命にする女性は「身持ちのかたい人」を選ぶもの。それはある意味、本能からきているものだとも言えます。なぜなら、ガードのゆるい人と結婚してしまったら、自分とは違う男性の子供を身ごもってしまう可能性もあるからです。

「私はそんなことをしない。彼だけが特別!」と言ったところで、現に知り合って間もないタイミングでHをしてしまったら、彼だってあなたのことを理解していない状態なので、信じてくれないでしょう。しかもHをしてしまった時点で、そういう意味での信頼関係は壊れている状態なのです。信頼を取り戻すのは、意外とハードルが高いので、本命に昇格する確率は、意外と低いのです。

どんなに好みのタイプで、その日は性欲でムラムラしたとしても、付き合ってもいない相手とHをするのはNGです。それこそ、妊娠や性病のリスクだってあるので、よく知りもしない相手と関係を持つのは充分に気を付けましょう。

(2)彼の言いなりになってしまうから

当たり前ですが、言いなりになるようなタイプでなければ、相手と“都合のいい関係”なんて続けません。

ハッキリ言ってしまえば、彼にとっては「付き合わなくても(責任をもたなくても)、Hをさせるような人」なのです。それは、店頭で「ご自由にお取りください」という看板と共に並んだ無料の品物と同じです。それを今度は、お金を払ってでも買うのかというと、よほど好みでなければ「もともとは、タダで配っていた物」という認識になっているので、難しいでしょう。

それだけ、付き合ってもいないのにHをすることは、浅はかな行為で、相手への自分の評価を低くしてしまうものなのです。

“本命の彼女”になるのを夢見て“都合のいい女”でい続ける非モテさんは、そんな状況であるにも関わらず、さらにタダで自分という品物を配っているようなものです。それでは、ますます彼にとっては「責任を取らなくてもいいもの(お金を払わなくてもいい品物)」という認識になってしまうでしょう。

結局、非モテさんが彼に言いなりになってしまうのは、「彼を好きだから」という以上に、どこか依存しているところがあるんですよね。それは、精神面はもちろんのこと、「自分が女であることを実感したい」という願望や、性欲の解消も含め、です。そこにあるのは、「自己愛」であることが多いのです。

なぜなら、本当に彼を愛していたら、「相手をそんなズルイ人のままでいさせない」からです。結局、相手に利用されているようで、「非モテさんも彼の存在を利用している」と言えるのです。

1 2