コラム すがり過ぎ危険!こじらせ女子が占いで身を亡ぼす理由~その1~

占い好きの女性は多いものですよね。ただし、占いは、「当たるも八卦当たらぬも八卦」と言われるように、当たらなくても、誰も責任をとってくれません。だから、依存し、すがり過ぎてしまうと、不幸になってしまうこともあります。

非モテさんは、占いで身を滅ぼしやすく、愛されさんは、占いを上手に利用することができます。両者の違いは、何でしょうか?

占いにすがっていない?

非モテさんは、片思いの相手とうまくいくのか、夢は叶うのかなど、不安なことをいっぱい抱えています。それで、下記のような行動をして、占いにすがり過ぎてしまいます。

(1)占いに通い詰めて、時間と労力とお金を注ぎ過ぎてしまう

(2)吉方位を気にし過ぎて、自分の行動範囲を狭めてしまう

(3)占い師の言いなりになってしまう

1つずつ解説します。

(1)占いに通い詰めて、時間と労力とお金を注ぎ過ぎてしまう

片思いの辛さ、夢がなかなか叶わない苦しさを抱きながら、非モテさんは、せっせと占い師さんのところに通います。そこには、「良いことを言われて、安心したい」という心理もあるのでしょう。

ただ、いくら占い師さんに良いことを言われたとしても、現実は片思いの相手との恋は実らず、夢も叶わないまま、なんてことも少なくありません。なぜなら、労力を使うところを間違えているからです。

占いに行くのは悪いことではないし、楽しいことではありますが、行き過ぎる場合は問題があります。例えば、本当にその恋を成就させたいのであれば、相手の好みを理解し、より魅力的な自分になることが大切です。占いに行くよりも、美容院に行って可愛くしてもらったり、メイクの勉強をしてより魅力を増したり、ジムに通ってスタイルがよくなることに時間を注いだ方が現実的かもしれません。

また、夢を叶えたいのであれば、運の力ももちろん大切ですが、それ以上に、人一倍努力することの方が重要です。例えばライターになりたいのであれば、たくさんの本を読み、自分の思想を磨き、より多くの文章を書いて、技術を磨くことは大切です。

以前、あるアイドル出身の人気タレントの男性をインタビューしたことがあるのですが、その方は体をすごく鍛えていて、1日1000回の腹筋をするそうです。1000回というのは、スゴイですよね。

その方がおっしゃったんです。「人に見られる仕事をしているのだから、普通の人がしないことをしている」と。もちろんその方は腹筋だけではなく、他のことに関しても、普通の人がしない努力を色々とされています。だから、ずっと厳しい芸能界で、第一線でご活躍されているんですよね。

一般の人と同じであれば、自分がやっても、やらなくてもよくなってしまうもの。「あの人にやってもらいたい」と思ってもらえるくらいに、他の人にはない武器を何かもっておくことは大切なんですよね。そのためには、普通の人がやっていないことをするくらいの努力が必要なことも。

逆を言えば、いくら運が良くて夢が叶ったとしても、それを維持し続けることはできません。運勢のバイオリズムで、運が落ちたときには、“運の良さだけで得たもの”は失ってしまうのです。だから、夢やチャンスというのは、「手に入れられてラッキー!」と思えるうちはまだまだで、「手に入れるのは当然」というくらいに、普段から実力を磨いていくことが大切なんですよね。

1 2