「義理だから」とか言ってない?非モテさんがバレンタインで失敗しやすいこと~その1~

「義理だから」とか言ってない?非モテさんがバレンタインで失敗しやすいこと~その1~

もうすぐバレンタインデー。好きな人がいる人は、勇気を出して、チョコレートを渡そうかどうか、ドキドキしてしまいますよね。逆に、義理チョコの問題も。「社内で義理チョコを配るのが面倒臭い」と思っている女性社員も少なくありません。

非モテさんは、バレンタインデーがあることで、むしろ人間関係を壊しやすく、逆に愛されさんは、バレンタインデーを上手に活用できます。両者の違いは何なのでしょうか?

非モテさんがやりがちなバレンタインデーの失敗とは?

非モテさんは、好きな人がいる人もいない人も、バレンタインデーを残念な結果にしやすい傾向があります。

例えば、好きな相手に本命チョコをあげるときに、こんな失敗をしてしまいます。

(1)チョコレートを渡すときに、残念な照れ隠しをしてしまう。

(2)相手が甘いものは苦手だと知らずに、渡してしまう。

(3)料理下手なのに、手作りチョコに挑戦して渡そうとする。

1つずつ、解説してきます。

(1)チョコレートを渡すときに、残念な照れ隠しをしてしまう。

好きな人がいる非モテさんは、バレンタインデーで彼にチョコレートを渡すときに、照れ隠しをするために、「お返しは、倍返ししてよね」「自分が食べたいのを買ってきたから、一緒に食べよう」など、可愛くないことを言ってしまいます。それを照れ隠しだと分かるような相手だったらいいのですが、そうでない場合は、単に「ずうずうしい」と思われてしまいます。

こんなときくらい、素直になった方がいいですし、「好きです」と告白ができない場合は、「今日はバレンタインデーだね。チョコレートをどうぞ!」と渡せばいいのです。可愛くない言葉を添えるくらいなら、シンプルにいきましょう。

(2)相手が甘いものは苦手だと知らずに、渡してしまう

非モテさんの中には、好きな人が甘い物が苦手だと分からずに甘いチョコレートをあげてしまう人がいます。本来、好きな相手には、「あなたのことをよく理解していますよ」というアピールができた方が、株が上がるもの。相手の好みを考えずにチョコレートを渡してしまうと、下手したら、「あなたのことを大して知りません」と言っているようなものになってしまい、本気度が伝わらなくなってしまいます。

愛されさんは、バレンタインデー前に、さりげなく好きな相手に、「甘いものは好きですか?」と聞いておきます。もし相手が甘い物が苦手な場合は、「甘いものが苦手だと聞いていたので……」と言って、バレンタインのラッピングがされたお酒や甘くないお菓子などをあげるようにするのです。そうすると、彼は、「僕のことを考えてくれたんだな」と嬉しくなるでしょう。

1 2
婚活 キャリア 運勢 占い 貧困女子 浮気事件簿 恋愛運 仕事運 アラサー 金運 不倫 アプリ 結婚 アラフォー セカンド 恋愛講座 浮気 その1 恋愛 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。