コラム どうしてうまくいかないの?あなたの恋愛が長続きしない理由~その1~

念願の恋人ができると、うれしいものですよね。でも非モテさんは、せっかく彼氏ができても、長続きしません。一方、愛されさんは長く続く関係を築いていきます。両者の違いは何でしょうか?

非モテさんの恋が長続きしない理由

非モテさんは、どうして恋が長続きしないのでしょうか。主な理由にはこういったものがあります。

(1)相手のことをよく知らないまま付き合うから

(2)「恋心」を「愛」に変えられないから

(3)恋愛に幻想を抱いているから

(4)フラれやすい要素を持っているから

1つずつ説明をします。

(1)相手のことをよく知らないまま付き合うから

非モテさんは、ルックスや条件重視で、相手のことをよくわからないまま付き合ってしまいます。その結果、付き合ってみたら、「ギャンブル好きだった」「DVの傾向がある」「マザコンだった」「借金を抱えている」「実は結婚していた」など、長く付き合うには厳しい問題があることを発覚することが多々あります。

こんな話があります。

結婚願望の強いAさんは、婚活サイトで公務員の男性と出会いました。明るくて面白い彼と意気投合し、出会った次のデートでは、付き合うことにしました。

2回目のデートで初めてのお泊りをしたときに、いつもとは違ってテンションの低い彼に驚いて、話を聞いてみると、「実は躁うつ病なんだ。公務員を辞めていて、今はフリーターなんだ」と告白されたそうです。

心の病はさておき、嘘をつかれていたことにショックだったAさんは、彼のことを信じられなくなり、お別れしてしまったそうです。

共通の知り合いがいるような関係であれば、相手の嘘に気付けますが、ネット婚活や婚活パーティーなどの出会いであれば、嘘かどうかを見抜けません。

よく「3回目のデートで何もなければ、友達」と言われますが、もし婚活サービスを利用した出会いの場合は、3回目のデートといっても、「まだ3~4回会っただけ」という間柄に過ぎないのです。だから、「3回目」にこだわらずに、できるだけ慎重に関係を進めた方がいいことはあるし、そうでない場合は、そもそも「長続きするかどうかは、五分五分」くらいの気持ちでいた方がいいでしょう。

逆に、自分が相手をよく知らないということは、相手も自分のことをよく知らないということです。自分の不都合な事実(例えば、「離婚経験があり、子供もいる」「本当は違う仕事をしている」など)を隠して付き合い始めた場合は、それがバレたときにはフラれてしまうこともあります。

そもそも長続きするような関係を求めているのであれば、そういうことも踏まえた上で「付き合いたい」といってくれる人を恋人にした方がいいので、時間をかけて関係を築いていき、付き合う前には話すようにした方がいいでしょう。

1 2