コラム 「軽さ」と勘違いしていない?隙がないと言われる女性の「隙」の作り方〜その1〜

「隙がない」と言われていませんか?非モテさんは、隙がないことで恋愛がうまくいきにくく、愛されさんは、適度な隙があることで、男性にモテやすくなります。そもそも、この「隙」とは、どういったものなのでしょうか?

「隙」ってなに?

「隙」とは何か?を知るためにも、まずは「非モテさんがどうして『隙がない』と言われてしまうのか」から考えていきましょう。主に下記の3つのような原因があると言えます。

・原因1:警戒心が強いから

・原因2:相手に心を許していないから

・原因3:完璧な女性を目指してしまうから

1つずつ、解説していきます。

原因1:警戒心が強いから

警戒心が強いのは、必ずしも悪いことではありません。逆に、ない方が危険です(苦笑)。とはいえ、やたらガードが堅いと、相手には「あなたのことを信用していませんよ」と言っているように捉われてしまいます。それは相手からしてみたら、失礼なことですよね?

特に人見知りだったり、異性を意識し過ぎてしまったりする人は、要注意です。そういう人は、相手を怖がり過ぎてしまう傾向があります。

もちろん夜も深まった時間帯に、暗い道を1人で歩き、そんなときに声をかけてくる男性に対して警戒心を持つな、と言っているわけではありません。

でも明るい時間帯の公共の場にいて(※密室ではなく)、相手の身元が分かっていて、変な言動をする怪しい男性でなければ、危ない目に遭うことはそうそうありません。もう少し相手に気を許してもいいのではないでしょうか。

警戒心の強い人は、自分は「怖がり」なのだということをよく認識して、日頃から怖がる必要のない安全な環境に身を置くことを心がけ、「信用できそうだな」と思える相手に対しては、警戒しすぎないように心がけましょう。

人は大概「分からないもの」に対して、恐怖心を抱きます。だから人見知りの方はさまざまな人と接して、慣れていく必要がありますし、その上で“それなりの対応ができる自分”になるといいでしょう。そうすると、怖いという思いは減ってきます。

異性を意識しすぎる人も同じです。そういう人は、まずは男女が混じった仲間のグループに入って交流をしたり、男友達を作ったりしていくといいでしょう。男性とはどんな生き物なのかを分かってくれば、女性と違うところや、逆に同じところも理解してくるでしょう。

つまり、このパターンでの「隙がない」の隙は、「相手への信用」「安心感」「油断」を指している、と言えるのです。

1 2