年下男子に恋したら……!?気を付けるべきこと、心がけること〜その1〜

年下男子に恋したら……!?気を付けるべきこと、心がけること〜その1〜

春になり、オフィスに新入社員が入ってくる時期になりました。中には、好みのタイプの年下君がいて、恋に落ちてしまう人もいるでしょう。非モテさんは「年下の男性と恋愛なんて、できるはずがない」とはじめから諦めがち。逆に愛されさんは、恋愛に発展させることもあります。

年下の彼と恋をするには、どうしたらいいのでしょうか?

年下男性が年上女性に求めること

そもそも年下の彼と恋のチャンスがあるかどうか、というと、ハッキリ言ってしまえば、「人によります」。彼が年上の女性を恋愛対象にするのかどうか、さらに相手とはどれくらい歳が離れているのか、またあなたがどんなタイプの人なのか(年齢よりも若く見えるのか、も含む)によっても、恋愛成就の確率は変わってきます。

だから、一概には言えないのですが、もし年下の男性を好きになってしまったときには、知っておいた方がいいことが色々とあります。

まず、一般的に“年上の女性を恋人にしたい男性”は、恋人に何を求めているものなのでしょうか。

・自分が甘えられること

・彼女にリードされること

・彼女から安らぎを与えられること

・価値観が合うこと(※個人差アリ)

など。

同世代や年下の女性と付き合ったら、男性の方がリードしなくてはいけないことが多いものですが、相手の女性が年上なら、「彼女がリードしてくれたり、自分がちょっとした失敗をしたときも許してくれたりしそう」なんて気持ちを抱く人も少なくありません。

もちろん男性によっては、「相手の年齢を全く気にしない。気が合えばいい」と思っている人もいるので、一概には言えませんが、一般的に年下の男性と付き合いたいのであれば、相手が「年上の女性と付き合うと、こういうところにメリットがある」と考えているところは、クリアした方がいいでしょう。

それで言うと、どれくらいの年齢の差があるのかにもよりますが、“自立していない、依存体質なタイプの女性”は、“年上の女性が好きな男性”とはうまくいきにくいかもしれません。

例えば、Aさんは、3歳年下の男性と付き合うことになりました。普段は年上と付き合うことが多いAさんにとって、年下の恋人は初めてでした。いつもの恋愛通りに彼に甘え、依存しっぱなしでいたら、彼に「年上の女性と付き合っている意味がない」と言われ、彼にフラれてしまったそうです。

自分の方が年下だと、許されたり大目に見てもらえたりすることがあっても、年上であることで受け入れられないこともあるものなんですよね。

それは、逆を考えてみてもいいかもしれません。自分が年上の男性と付き合っているのに、自分よりもしっかりしていなくて、頼りがいのない男性だったら、「年上なのに、どうして?」と思ってしまうところもあるでしょう。つまり、相手が年上であるということで、「期待してしまうことも出てくる」もなんですよね。

年下君との付き合いで、気を付けるべきこと

「自分が年上であることで、彼が期待していることもある」ということを前提に、年下の彼との関係を壊さないためにも、気を付けた方がいいことがあります。

これもあくまでも「相手にもよる」というのが前提にはありますが、一般的に「気を付けた方がいいこと」は、下記です。

・悪い意味での子供っぽい言動はしない

・「私は、おばさんだから」と自虐しない

・若ぶらない

・年上ぶらない

・嫉妬しない

・収入の格差を感じさせない

1つずつ解説します。

1 2
アラサー セカンド 結婚 浮気事件簿 不倫 その1 運勢 婚活 キャリア 金運 貧困女子 恋愛運 恋愛講座 アラフォー 美人探偵 マッチングアプリ 占い 浮気 恋愛 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。