コラム 誰とも付き合ったことないって恥ずかしいこと?「恋人いない歴=年齢」の人が恋をするには?〜その1〜

広い世の中には、今まで一度も恋人を作ったことがない人もいます。一度も異性と付き合ったことがない非モテさんは、そのコンプレックスでますます縁遠くなりがちです。「恋人いない歴=年齢」の人が恋をするには、どうしたらいいのでしょうか?

「恋人いない歴=年齢」は恥ずかしい?

今まで恋人がいたことがない非モテさんは、それをとても恥ずかしいことだと思いがちです。それもあって、ますます恋に積極的になれなくて縁遠くなってしまっています。

でも、「恋人いない歴=年齢」の人は、恋愛においてデメリットになるものなのでしょうか?また、そんなに珍しいことなのでしょうか?

リクルートマーケティングパートナーズの「ブライダル総研」の「恋愛・結婚調査2019」によると、今まで付き合ったことがない人は、20代女性で22.6%、30代女性で25.3%、40代女性で20.3%います。

つまり、5人に1人は付き合ったことがない人がいるというわけです。だから、そんなに珍しいというわけでもないんですよね。

また男性にとって、「恋人いない歴=年齢」の女性というのは、どういう印象かというと、これは人にもよりますが「好きな女性が今まで恋人がいたことがないなんて、大歓迎だ」と思う人もいるでしょう。つまり、あなた自身に相手を惚れさせる魅力さえあれば、「恋人いない歴=年齢」なんて、欠点にはならないのです。むしろ付き合ったことのある人数が、自分の経験よりも多い方が引いてしまう男性はいますしね。

もちろん中には、人を見る目に自信がない男性は、「彼女がどうして今まで恋人がいなかったのか気になる」「なにか付き合ったら不都合なことがあるのではないか」なんて不安がってしまうこともあるでしょう。

でも、そんなただ単にみんなが評価するものをいいと思い、そうでないものに関してはいいと思わない程度の“自分の判断力に自信がない人”なんて放っておきましょう。そういう人は、もしあなたが何かしらの事情で敵を作ってしまったときには、他の人と一緒になって離れていくような人です。そんな人よりも、付き合ったら、たとえ1人であってもあなたの味方になってくれるような人と付き合いましょう。

人を好きになったことはある?

「恋人いない歴=年齢」といっても、色々なケースがあります。例えば、今まで誰とも付き合ったことがなくても、好きになったことはあるのかどうか。

人を好きにならない人のなかには、今、自分には他に夢中になるものがあって、そっちに心が奪われている人もいます。その場合は、人よりもその“夢中になっているもの”に恋をしていることもあります。そういう人は、その夢中になれるものに対する興味が少し落ち着いたときに、人を好きになることもあるので、今は、恋するタイミングではないのかもしれません。

また、人とあまり出会う機会がない人や異性の好みが特殊な人の場合は、周りにいる人の中から好きになる人が出てくることは難しいこともあります。より多くの人と知り合うことで、自分の心をときめかせる相手に出会えることはあるでしょう。

さらに、「自分のことは好きなのかどうか」を、一度考えてみましょう。自分を好きになれない人は、人を好きになるような心の余裕がないこともあります。自己肯定感が低いので、傷つかないためにも、相手を好きになることにブレーキを踏んでしまうことがあるのです。その場合は、まずは自分を好きになるところから始めた方がいいかもしれません。

1 2