コラム 会いたいのに会えない!忙しい彼と上手に付き合うには、どうしたらいい?~その1~

会いたいのに、恋人は仕事や趣味に忙しくて、時間をあまり作ってくれない、なんてことはよくあることです。非モテさんは、そんなとき会うことを催促して、関係を壊しやすく、愛されさんは、上手に付き合っていくことができます。両者の違いは何でしょうか?

どうして彼は「忙しい」の?

そもそも恋人がなぜ忙しいのか、によっても対策は変わってきます。彼が「忙しい」といって、なかなか時間を作らない理由は色々あります。

(1)仕事や仕事に関する勉強で忙しくて、寝る暇もない。

(2)趣味が忙しくて、休日、会う時間を作れない。

(3)1人の時間が必要だから、デートの時間を作りたくない。

(4)頻繁に会いたいわけではないから、時間を作らない。

1)仕事や仕事に関する勉強で忙しくて、寝る暇もない。

仕事が忙しい場合は、本人の意思とは関係なく、せざるを得ないことも多いので、あまり会えないことを責めてしまうと可哀想なところもあるかもしれません。もちろん会いたい気持ちはわかりますが、それをぶつけることは相手にとっては“理不尽な行為”だと感じることもあるでしょう。

例えば、アラサーのAさんは、結婚を焦っていることもあり、恋人とは関係を深め、早く婚約まで進展させたいと思っていました。でも、彼は仕事が忙しく、メールすらきちんと返信をしてくれないほど連絡無精の人でした。それに対してAさんが指摘すると、ますますデートの頻度が空き、メールの返信も遅くなり、とうとう「今は、恋愛をする余裕がないから」と言われ、フラれてしまったそうです。

時間を作りたくても作れない相手を責めてしまったら、精神的に追い詰めてしまうところもあるんですよね。

もちろん「時間は作るもの」です。本当に好きだったら、寝る間を惜しんででも、会う時間を作るでしょう。でも、そんな無理は、ずっとは続きません。体を壊してしまいますしね。

特に会いたい側は、「相手が週末に仕事が入っていないのであれば、自分と会おうと思ってもいいはずだ」という期待を抱きがちです。でも実際は、週末に仕事が入っていないからといって、デートできるとは限りません。休日に体を休めるのも仕事のうちですし、人それぞれに必要とする休養時間は違ってきますしね。

それこそ体がキツイときに週末にデートをしてしまったら、次の週の仕事にも影響が出ることがあります。それが原因で仕事の方がうまくいかなくなってくると、ある意味、責任転嫁ではありますが、「彼女のせいで仕事がうまくいかない。彼女は僕の人生の邪魔をする人だ」と思ってしまうところもあるでしょう。だから、彼の仕事の邪魔はしない方がいいんですよね。

ただ、この場合、改善の余地はあります。彼にとっては、「仕事の邪魔にならないこと」、さらに言えば「仕事のプラスになること」の提案であれば、承諾することも多いもの。だから、同棲や半同棲を提案してみるのはいいことです。これなら、会うことに関して、そこまで体力と時間を費やさなくても済みますしね。

その代わり、こういった彼と一緒に住む場合は「家事の分担」をきっちりしてしまうと、嫌がられる可能性はあります。彼がより仕事がしやすくなるように、自分の方が家事で彼をサポートするくらいの気持ちであれば、うまくいくでしょう。

ただし、このとき、1つ注意した方がいいことがあります。同棲だけでなく、結婚でも「ワンルームに2人で住むと、別れやすい」とよく言われます。精神的な逃げ場がなくなるからなんですよね。

特に、彼が家で仕事をする時に同じ空間に彼女がいると気が散ることがあるので、もし一緒に住むなら、2部屋以上ある部屋にした方がいいかもしれませんよ。

1 2