コラム 人を好きになれないのはなぜ?悩んでいる人が、気付くべきこと ~その1~

(2)恋愛を怖がっているから

恋愛をすることを怖がっている人は、人を好きになることにブレーキを踏んでしまうことがあります。環境や自分自身が変わることに対して、恐れを抱いてしまっている人は意外といるものです。

でも、そんな人でも勇気を出して一歩踏み込んでみると、「怖がる必要なんて、全くなかったこと」に気付くものでしょう。

だから、そういう“怖がりさん”は、経験を積んで怖いものを減らすためにも、そこまで相手を好きになっていなくても、好感の持てる相手であるなら、付き合ってみることも悪くはありません。関係を深めていくうちに、だんだん好きになっていくこともありますしね。

ただし、その場合、相手は「優しい人」「生理的に受け付ける人」の2つは当てはまる人にすることが大事です。なぜなら、自分を振り回して傷つけるような相手だと、その後、恋愛がトラウマになってしまうこともあるし、生理的に受け付けない人の場合は、そもそも付き合ってもうまくいかないからです。

恋愛経験が少ないときは、「相手に恋をする」よりも「恋に恋する」傾向があります。それで恋の楽しさを堪能できて、「もっと恋をしたい」と思えるようになれたら、たとえその恋が終わってしまっても、貴重な経験になります。逆に怖がって、未経験のまま歳を重ねていってしまうと、ますます恋愛しにくくなってしまうこともあるので、恋人ができるチャンスが訪れたときは、チャレンジしてみるといいでしょう。
残りの「(3)今は、他のことで気持ちがいっぱいいっぱいだから」については、もっと自分自身と深く向き合う必要があります。それについては、後半で解説します。~その2~に続きます。

恋愛は自分の心に嘘をついてまでしなくては
いけないものなの?
1 2

プロフィール

コラムニストひかり

夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍『“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~』(ステップモア)、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネの “子供おばさん” 日記」や4コマ漫画「子供おばさん」で、アメブロの公式トップブロガーとして活躍。ホンネの“子供おばさん”日記(https://ameblo.jp/olhonne/)4コマ漫画「子供おばさん」(https://ameblo.jp/kodomoobasan/)