コラム “恋人を大切にしてくれる男性”を見抜くには?5つのポイント~その1~

付き合うのであれば、恋人を大切にしてくれる男性がいいですよね。非モテさんは、上っ面の優しい男性ばかりにひっかかり、いつも振り回されたり、悲しい思いをさせられたりしがちです。愛されさんは、自分のことを大切にしてくれる男性を見抜き、幸せな恋愛をします。愛されさんは、男性のどんな部分をチェックするのでしょうか。

長く付き合っていきたいなら、お互いを思いやる関係が不可欠。

恋人を大切にしてくれる男性とは、どんな人?

“恋人を大切にしてくれる男性”の特徴としては、下記の5つのものがあります。

(1)誰に対しても優しい
(2)心に余裕がある
(3)相手の立場に立ったコミュニケーションがとれる
(4)愛を理解している
(5)自分のことも大切にしている


1つずつ解説していきます。

(1)誰に対しても優しい

人を大切にできる人は、優しい人です。女性は、“自分にだけ優しい男性”を望みがちですが、本当に優しい男性というのは、誰に対しても優しいのです。心が優しい人というのは、そういうものなのです(ただし、思わせぶりなことをするのは、本当の優しさではありません。その場合は、単に浮気性なだけです・笑)。

逆に、人によって優しさが変わる人の場合は、単に損得勘定をもって優しくしているに過ぎません。人によって態度が変わるような残念な男性と付き合ってしまうと、2人の関係がいいときは優しいですが、うまくいかなくなったときには、手の平を返したように冷淡な言動をとるようになることもあります。

例えば、アラサーのAさんの彼は、付き合う前までは彼女に対して優しい言動をしていたのですが、深い関係になった途端に、“釣った魚に餌をやらない状態”に。そんな彼に対して、彼女は気持ちが冷め、別れを切り出すと、彼は急に冷淡な顔になり、「今まであげたプレゼントを全て返してくれ!」と言い出したそうです……。

相手の気を惹くために優しくしている場合は、その人は「優しい人」でもなんでもありません。目的のために、“優しさ”という罠を仕掛けているに過ぎないのです。単にデートで素敵なエスコートをしてくれようが、プレゼントをくれようが、そんなものが優しさであるとは限りません。
相手が優しい男性かどうかを見抜くためには、自分自身も本当の優しさを持ったほうがいいものです。そうしたら、自分だったらやらないようなひどい言動をされたときは、疑問を感じることができますしね。

例えば、本当に優しい人であれば、別れ際まで紳士的な態度をとる人が多いです。だから、振るにしても、振られるにしても、そういう男性は恨まれることは少ないのです。今後、自分とは関わらなくなる相手に対して卑劣な言動をとるような人は、“その程度の人”なのです。だから、付き合う前に、彼が元カノに残念な言動をしていないかは、チェックしておくといいでしょう。

また、「誰に対しても優しい」ということは、家族に対しても優しく、親兄弟を大切にしていることが多いものです。だから、相手が優しい人かを見るときには、親子関係を見てみるといいでしょう。

もちろん縁を切ったほうがいい親子関係もあるので、一概には言えませんが、親に対して深い愛情を抱いている人は、同じようにパートナーになった人にも愛情を注いでくれることは多いものです。

逆に、もし彼が親を邪険に扱っているような場合は、親からの愛情に対して感謝することなく、「当たり前のことだ」と感じている“お子ちゃま気質の人”かもしれません。そういう人は、いずれあなたの愛情に対しても、当たり前のことのように扱うようになる傾向があるので、気を付けましょう。

1 2