コラム “リモート婚活”してる?メリット・デメリット・注意点とは?~その1~

積極的に外出をして婚活するのが難しい2020年は、Web会議サービスアプリ「Zoom」など、ビデオ通話を使って婚活する人が増えてきました。非モテさんはビデオ通話を使うことで、逆に恋を壊しやすく、一方愛されさんは上手に活用することで、いい出会いをつかみます。“リモート婚活”のメリット、デメリット、気を付けるべきことは、何でしょうか?

リモート婚活って、実際どうなの?

ビデオ通話を使った婚活のメリットとは?

現在は新型コロナウイルスの影響もあり、気軽に初対面の人と会える状況ではないので、婚活サイトを使ったやりとりの後、実際に会う前にビデオ通話で相手とやりとりをして距離を縮める人が増えてきています。その結果、今まで以上に「効率的に婚活ができる」と思っている人もいるのです。

例えば、アラサーのAさんは、婚活サイトで出会った相手とリアルに会う前にビデオ通話をするようになって、「無駄な時間が減った」と思っています。なぜなら、今までは相手の写真だけを見て会っていたのですが、写真とは違う相手や話が合わない人が現れ、早く帰りたくなることもあったのだとか。今はビデオ通話で事前に相手のことを確認できる分、写真とのギャップにも気付きやすくなったそうです。

確かに、婚活サイトのプロフィール画像に、別人のように写りのいい写真や今よりも痩せていた頃のもの、高度に画像修整されたものなどを使う人も少なくないので、初めて会ったときに「え?こんな人だったの?」とがっかりすることも少なくないもの。わざわざオシャレをして出かけたのに、写真とはかけ離れた相手が現れてしまったら、「時間を返して!」と思ってしまうこともあるでしょう。

でも、実際に会う前にビデオ通話をすることで、写真と実物の相違はもちろんのこと、話が合う相手なのかどうかも分かるもの。意外と「話し方が好みかどうか」というのは重要で、どんなにカッコイイ相手であっても、相手の声の高さ、話し方のテンポ、表情などが苦手だと、話す度にイライラしてしまうこともありますしね。リアルに会う前に、ビデオ通話である程度のことが分かるのは、時間と労力の無駄にならずに済むのでいいことです。

とはいえ、それは相手にとっても、同じです。もし自分が実物とは違う画像を使っていたり、あまりに落ち着きのない話し方をしたりしていると、実際に会う前に関係が終わってしまうことも。だから、自分も気を付けたいものですね。

1 2