コラム 許す?許さない?浮気されたときの正しい選択とは?~その2~

愛するパートナーに浮気をされたらショックですよね……。たとえ浮気をされても、別れるのかどうかは、単純な話ではなく、人によって変わってくるものです。
パートナーに裏切られたときに、別れるかどうかの決断の決め手となるものには2つのポイントがあり、~その1~では、「(1)その浮気行為を、どれだけ悪いことだと思っているのか」について説明しました。

~その1~はコチラ

後半では「(2)『今後も一緒に生きていきたい』と思っているのか」について説明します。

離婚と言う選択をするか、しないか?愛情面のみならず、金銭面も大きく影響される。

(2)「今後も一緒に生きていきたい」と思っているのか

簡単に別れられる関係もあれば、別れられない関係もあります。結婚しているのかどうか、子供の有無はもちろんのこと、精神面でのつながりも関係あるものです。

例えば、40代のDさんは、専業主婦で子供が1人いました。夫が取引先の既婚女性と浮気をし、あろうことか相手の女性に子供ができてしまったそうです。でも、夫は「僕が一番大事なのは妻と子供だから、別れたくない」と懇願したそうです。
Dさんは夫を愛していたし、もし離婚したら経済面で不安があり、なによりも子供には父親の存在が必要だと思ったため、許したそうです。

パートナーが浮気相手との間に子供ができてしまうなんて、最悪なパターンです。でも、結婚は“生活”であるからこそ、そう簡単に別れを決断できるわけでもないんですよね。ましてや自分だけではなく、子供の人生もかかっている場合は、単に「浮気を許せない」という感情だけで離婚を決意できないものです。
おそらくDさんの頭の中には、「離婚したら、自分の子供には父親がいなくなり、逆に、もし夫が浮気相手と再婚したら、その子供には父親がいるなんて、許せない!」という気持ちもあったのでしょう。

そうはいっても、選択は人それぞれ。「こんな裏切り者と1つ屋根の下で同じ空気を吸いたくない!」と思うのであれば、離婚を選択するのは悪いことではありません。現に専業主婦で子供がいても、きっぱり離婚をして、仕事を持ち、1人で立派に育てるシングルマザーもいますしね。

ちなみに、その浮気相手の女性は、自分の夫との子供として出産し、その後、離婚をして、シングルマザーになって育てているそうです。この件では、浮気相手の夫も被害者ですし、生まれてくる子供にも可哀想な思いをさせてしまいます。
既婚者同士の不倫は、「遊び相手に最適」という理由で気軽に始める人がいますが、むしろ色々な人を傷つける可能性もあるものなんですよね。

1 2