コラム ペットは婚活の邪魔?ペットのメリット、デメリットとは?~その1~

「ペットを飼ったら、結婚しにくくなる」なんてよく言われること。それは、ペットの存在によって心が満たされてしまって、結婚に気持ちがいかなくなる、というのが理由でしょう。非モテさんはペットを飼いたいけど、そんな通説を鵜呑みにして、飼わないようにしています。では、本当にペットの存在は、婚活の邪魔になってしまうものなのでしょうか?

ペットは大切な家族の一員。

ペットのデメリット1:自分のペットと一緒に住めない相手とは結婚しにくい

もし犬や猫などの動物を飼っていたら、動物アレルギーを持っている人とは結婚どころか、付き合うことすら難しくなるもの。動物アレルギーの人は、動物を飼っている人が知らぬ間に洋服などに付けてしまっているペットの毛に反応して、アレルギー反応が出てしまうこともあるものなんです。

また、トカゲやカメレオンなど、珍しいペットを飼っている人は、そういう生き物が苦手な人にとっては、「一緒に住むのは難しい」と思われてしまうこともあるでしょう。

それ以外にも、“お互いが飼っている動物の相性”によって、一緒に住めないこともあります。
例えば、アラサーのAさんは、コザクラインコを飼っています。婚活サイトで出会った男性で話が合う人はいるのですが、彼は猫を飼っているそうです。仮に彼と結婚して一緒に住むことになったら、インコが危険にさらされてしまいます。
Aさんは、「お互いのペットが生きている限りは、一緒に住むのは難しそうだ」という判断から、連絡を取るのを止めてしまったそうです。

ある意味、ペットは“連れ子”のようなもの。だから、自分と共にペットのことも受け入れてくれる相手でないと、結婚しにくくなるものです。
もちろん別居婚という形でよければ可能性はありますが、そういう結婚生活を望む人は多くはないので、ペットの存在が婚活の足かせになってしまうことも……。

1 2