コラム 自分の将来が見えない…未来に不安を感じる人が今すぐやるべきこと~その2~

今年は、新型コロナウイルスの影響もあり、今まで想像もしなかったような出来事が色々と起こっています。それにより、将来が見えなくて不安がっている人も少なくありません。

~その1~では、「未来に不安な人が今すぐにやるべきこと」として、「“幸せの本質”を理解すること」と「精神的に自立すること」を紹介しました。

~その1~はコチラ

ここからはさらに掘り下げて、具体的に、今すぐにやっておいたほうがいいことを紹介します。

怖がっているだけでは、何も始まりません。

やるべきこと3:色々な可能性を見つけておくこと

不景気の影響を受けて、仕事を変えなくてはいけない状況になることもあるでしょう。そうなる前に、手に職を付けたり、やりたいことにチャレンジをしておくことは大切です。
「人生には、さまざまな可能性があるんだ」ということを理解することは重要です。今、自分がいる環境だけが全てではありません。住む地域を変えるだけでも、生き方は随分、変わることもありますしね。

例えば私自身は会社員で働いていた時に、趣味で書いていたブログのアクセス数が上昇したのをきっかけに、某新聞でコラムニストデビューをしました。
周りにも、フード関係の企業で働いていた女性が資格をとって船舶免許の講師になったり、番組ディレクターが、フードアナリストの資格を取ってフードディレクターになったりしています。
つまり、「自分にはできない」なんて思わないで、やりたいことにチャレンジすることは大切なのです。

人生、なにがきっかけで変わるのかは分かりません。例えば、表現すること、伝えることが好きな人は、SNSを活用してみてもいいでしょうし、お菓子作り、旅行、食べ歩き、家庭菜園などでも極めたら、いつか仕事になることもあるのです。

ポイントは「自分が好きなことをやること」です。「好きこそものの上手なれ」というように、人は楽しいことなら、努力だと思わないくらいにがんばるし、上達するもの。それが、自分の道を開くことがあるのです。
さらに、自分に身に付いた能力によって、「人を喜ばせたい」と思えるようになると、仕事に結びつきやすくなるもの。働くというのは、“傍(はた)が楽(らく)になること”。自分の能力で人を幸せにできるほど、報酬を得やすくなるのです。

1 2