コラム 「自由が好き」なだけじゃない!“独身のほうが幸せ”な人の思考と性質とは?~その1~

生涯独身でいるのは、孤独で寂しい人生……なんていう時代は終わりました。人によっては独身でいることが幸せなこともあります。
独身のほうが幸せでいられる人は、よく「自由が好きだから」「1人でも生きていける生活力があるから」といった理由が挙げられますが、それだけではありません。その人の持っている思考や性質も関係しています。それは何でしょうか。

独身で幸せを感じられる人の特徴は?

独身でも幸せな人の思考と性質1:世間体を気にしない

独身者の多くが「辛い」と感じることは、“世間の目”だと言っても過言ではありません。例えば、アラフォーで独身のAさんは、街で同級生とバッタリ再会しました。近況を聞くと、友達は結婚していて、子供もいて、仕事と家庭を両立しているとのこと。
逆に、Aさんが「独身だ」と話すと、彼女からちょっと可愛そうな目で見られてしまったそうです。

これは、独身者のあるあるですよね。確かに「結婚していない」と言うと、「可哀想に……」という見方をする人は少なからずいます。Aさんのような再会のパターンでは、自分も「結婚して、子供がいて、幸せな家庭を築いている」と言えたほうが、精神的に楽なこともあるものです。

でも、「相手にどう思われようが、自分は幸せなのだから関係ない」と思えるようになることは大切です。
もし“幸せの本質”が見えている人であれば、独身の人に対して、「そういう生き方もあるよね」と肯定的に見ることができるもの。だから、可愛そうな目で見られた時は、“結婚していない自分”を責めるのではなく、「彼女は、“そういう狭い価値観の人”なんだ」と思えばいいのです。

そもそも「相手を可哀想がる」というのは、とても失礼なことです。どこか上から目線ですしね。
仮に、独身者のほうが既婚者に対して、「わぁ、可哀想に。自由がない状態で大変そう」なんて言ったら、相手はどう思うでしょうか(※そんな人はめったにいませんが)。たとえ自分が幸せでも、そんな風に思われてしまうと、「失礼だな」と思うものです。それと同じことをしているんですよね。

ただ、そんなときでも「私は私で幸せなのだから、問題ない」と思える人は、大人です。つまり、結婚していようが、独身でいようが、“「人からどう見られるか」を気にするよりも「自分が納得できているのか」を重視できる人”が、幸せでいられるのです。そうしたら、世間体にも振り回されにくくなるものでしょう。

1 2