コラム 転職したい?ちょっと待って!会社を辞める前に考えるべき4つのこと~その1~

「今の仕事を辞めたい!」と考えている人は少なからずいるもの。ただし、転職をして成功する人ばかりではなく、さらに悪い環境で働かなくてはいけなくなってしまうケースもあります。そうならないためにも、会社を辞めたくなったときに考えるべきことがあります。それは何でしょうか。

転職していいものなのか、悩む……

退職前に考えるべきこと1:退職したほうが幸せになれるのか

どんな時にその仕事を辞めたほうがいいのか、というと、「退職したほうが幸せになれる時」です。例えば、キャリアのステップアップができる転職が決まっている場合はもちろんのこと、今の職場で働いていると、心身が壊れてしまいそうな時は、辞めたほうがいいこともあります。ただし、現実的なことを言えば、「辞めても、生活できるのか」は重要です。

例えば、アラサーのAさんは、利益重視でお客様のことを考えていない会社で働いているのが苦痛でした。自分の仕事を誇れないし、ストレスで体にじんましんがでるようになってしまい、心療内科に通っていました。
そこでもう限界だと思い、会社を辞め、近所で評判のカフェでアルバイトを始めたそうです。そうしたら、お客さんの喜ぶ顔を見るのがうれしくて、給与は下がってしまったものの、充実した日々を送っています。

心身を壊してまでやるべき仕事というのは、あまりないし、“お金だけではない大切なもの”はあるもの。Aさんにとっては、そのカフェでのアルバイトは、単に生活費を稼ぐことだけではない幸せがあるのでしょう。
人生というレベルで見たら、“キャリアアップすること”だけがいい転職だというわけではありません。「より“幸せな時間”を持てるかどうか」のほうが重要です。

私たちは目に見えるものばかり気にしがちですが、日々、その仕事に時間を費やすということは、「自分の“人生の時間”を使っている=命を削っている」ことでもあるのです。
だから、仕事を選ぶ際は、単に給与だけの話ではなく、「自分がどんな生き方をしたいのか」を考えたほうがいいでしょう。

ただし、誰もがAさんのようにすんなり“幸せな環境”を見つけられるかどうかはわからないもの。だから、辞める前にきちんと「次は何をするのか」の目処を立ててから、退職したほうがいいでしょう。

1 2