コラム 寂しくて仕方ない……孤独な時にするといいこと~その1~

「どうして私は1人なの?」「私は天涯孤独だわ」なんて、孤独感に押しつぶされそうになる人は、意外といるもの。そんな寂しい時にするといいことがあります。それは何でしょうか。

孤独な時にするといいこと1:少しでも外に出て、気分転換をする

1人暮らしの人の場合は特に、自宅が“自分の世界のすべて”になりがちなので、ネガティブな感情が増幅した際に孤独を感じやすいもの。そんな時は少しでも外に出ることが大切です。
例えば、アラサーで1人暮らしのAさんは、彼氏もいないし、仲の良い友達は結婚をしてしまったので、休日は1人で過ごすことが多く、家に引きこもって孤独な気分を味わっていました。
でも、牛乳を飲もうとしたらなかったので、しぶしぶスーパーまで買いに行くことに。笑顔で対応してくれる店員さんや、みずみずしい野菜や果物を見ていたら、いつの間にか元気になっていたそうです。

気持ちが内へ内へと向いてしまって、追い詰められてしまう時は、外に気持ちを向けたほうがいいもの。Aさんのように、スーパーに行くことで元気になる人もいれば、感じのいいマスターがいる喫茶店で、コーヒーを飲むことで心癒される人、また友人など、気心を知れた相手に会いに行くことで寂しくなくなる人もいます。

個人的には、そんな時は「緑の多い公園や神社を散歩する」ことをオススメします。自然が人の心にパワーと安らぎを与えてくれることも多いですし、神社などの神聖な場所にいると、「自分はいつも見守られていて、1人ではない」という気持ちになれることがあるからです。とにかく、負の感情がいっぱいのまま、1人の部屋に閉じこもっていてもいいことはないので、その“自分だけの世界”から抜け出すことが大切なのです。

ちなみに、「出かけたほうがいい」とはいっても、夜に出かけるのは避けたほうがいいでしょう。暗闇によって、ネガティブな感情が増幅しやすいこともあります。
できることなら、「晴れた気持ちのいい日に外出する」のがいいですし、夜に寂しくなった時は、さっさと寝てしまったほうがいいでしょう。目が覚めた時には、何事もなかったようにすっきりした気持ちになっていることもありますしね。

1 2