コラム ダマされやすい人、必見!信じられる人を見抜く方法~その2~

世の中には信じてもいい相手もいれば、信じないほうがいい相手もいます。だから、自分がどれだけ見抜く目を持つのかにかかっているところもあるもの。

~その1~では、「信じられる人の特徴」として、「言葉と行動が一致している」「人によって態度を変えない」について紹介しました。

~その1~はコチラ

裏切る人の多くは、相手のことが憎いから信頼に背く行為をするわけではないことも多々あるもの。そこにある根本的な原因を知り、それに当てはまらない人を信じるようにしたほうがいいでしょう。

信じられる人の特徴3:心が強い

裏切る人の多くは、心が弱いものです。だから、自分を守る(自己を保つ)ために、残念な行為をすることがあるのです。

<40代のCさんは、なかなか子供は授かりませんが、夫婦で仲良く暮らしていました。でも、あるとき夫の浮気が発覚。3年前から関係が続いていて、浮気相手とのLINEには「妻とは離婚話が進んでいる」ということが書かれていたそうです。でもCさんは、一度も夫から離婚話を切り出されたことはないのだとか。結局、そんな夫に愛想を尽かし、離婚したそうです>

欲望に弱い人は、性欲を満たすために浮気をしたり、お金を得るために人をダマしたりしがちです。そういう人は、「相手のことが嫌いだから裏切る」というよりは、「欲望を我慢しているのが耐えられなくて(=自分を保つために)やってしまうこと」も少なくありません。

欲望の強い人、そして自己コントロールができない人ほど、人生の道を誤りがち。「心が弱いから」と言ってしまえばそれまでですが、自分の心をコントロールできるほど、積極的に生きていないから、欲望に振り回されてしまうところもあるのです。
だから、幸せになるためにも、「心を鍛え、能動的に生きる」必要があるのです。

逆に、心の弱い人にダマされやすい人は、「優しさ」を勘違いしている人が少なくありません。一般的に「優しい」と思われる人には、2パターンあります。

(1)人に嫌われるのが嫌だから、相手の言いなりになってしまう(=相手の要望を応える)人
(2)相手のことを好きだから、相手が幸せになることをやってあげたくなる人

(1)は、偽物の優しさです。気が弱いだけです。逆に、(2)は大切な人が人生の道を誤った時ときには、相手から嫌われようが、厳しく叱ることもできます。それくらい本当の優しさを持つには、「心の強さ」が必要なのです。
そして、心の弱い人にダマされやすい人は、(1)のタイプの人を見て、「優しい人だ」と勘違いしてしまうことが多いもの。だから、そういう人と縁ができやすく、裏切られてしまうこともあるのでしょう。

1 2