コラム 結婚できるか不安……。そんなアラフォーが気づいたほうがいい3つのこと~その1~

「私はいつか結婚できるのだろうか……」と悩んでいるアラフォー以上の女性も少なくないようです。そういう人は、そろそろ“新たな思考”を持つことも大切かもしれません。今回は結婚できるか不安がっている女性が、気づいたほうがいいことを紹介します。

願望があるにもかかわらず、結婚できないことに不安を覚えるアラフォーは少なくないよう。

1:結婚しても幸せになれるとは限らないこと

結婚していない女性の中には、「自分は幸せを手にしていない」と思う人もいるようですが、結婚すれば誰もが幸せになれる、とは限りません。もし結婚している人がみんな幸せだったら、離婚する人はほとんどいないでしょうしね。

「結婚には、我慢と忍耐が必要」だと言われる背景を考えると、「結婚は幸せなこと」だと思わなければ、結婚する人が減ってしまうくらいに大変なこともある、といっても過言ではないかもしれません。
恋愛は楽しいことが多いものですが、結婚生活は恋愛の延長ではいられません。場合によっては、独身でいたほうが幸せであることもあるのです。特に、“結婚に向いていない人”にとっては。

世の中には、意外と結婚に向いていない人もいます。自由でいるのが好きだったり、結婚よりもやりたいことがあったり、恋愛体質だったり、好みの男性は“家庭的ではない人”が多かったり。そういう人は、結婚した時に、「こんなはずじゃなかった!」と思ってしまう可能性が高いでしょう。

特にアラフォー以上で独身でいる人は、「結婚に向いていない人」も少なくありません。もし本気で婚活をしていて、それなりに結婚に向いている性格であるなら、やはり結婚している可能性も高いからです。
でも、結婚に向いていないからといって、人として足りない点があるわけではありません。人によって、向き、不向きがあるだけのことで、今のご時世、必ずしも全ての人が結婚しなくてはいけないなんてことはありません。むしろ、結婚の現実が見えているから、避ける人もいるくらいです。

結局、独身でいることに悩んでいる人の多くは、結婚に対して古い価値観を抱いている人が多いもの。例えば「結婚したら、幸せになれるもので、素敵な男性に大事にしてもらうのが女としての幸せ。結婚しなかったら、“売れ残り”のように見られてしまう」という風に。
そもそも結婚したって、幸せになれるかどうか分からないですし、素敵な男性かどうかも、いざ結婚してみないと分からないところもあるでしょうし(※恋人として素敵な人が、いい夫になるとは限らない)、今のご時世「お嫁にもらってもらう」なんて感覚の人は少ないもの。結婚しても共稼ぎが多いですし、別にお嫁にもらっていただかなくても、自活して生きていけますしね。

1 2