コラム 愛は“最高の幸せ物質”!「心に愛を増やす」ためにするといいこと~その1~

幸せになるために一番大事なことは、「自分の心に愛を増やすこと」といっても過言ではありません。愛は、最高の“幸せ物質”だからです。
では、どうしたら、愛を増やすことができるのでしょうか?

「自分を愛する」とはどういうこと?

「愛すること」で、心に愛が増える

愛を増やすために大切なことは、「愛されること」だと思いがちですが、実際は逆で、「愛すること」のほうが大切です。愛せば愛するほど、自分の内側から愛が増えていくのです。

<アラサーのAさんは、愛されることで幸せになれると思っていました。でも、いざ、好きでもない人に愛の告白をされても、そんなにうれしくないことに気づいたと言います。
今は、ペットを飼うことにしたら、可愛くて仕方なくて幸せな気持ちになり、自分の内側に愛が増えていることを実感しているそうです>

好きでもない人に愛されても、自分の心が動かなければ、自分の心には愛は増えないものです。逆に、たとえ両想いでなくても、相手の幸せを考えられるほど愛せる場合は(※自己愛でない場合は)、心に愛が増え、幸せな気持ちになることもあるでしょう。

ただし、人を本当に愛するためにも、まずは自分のことをしっかり愛していないと難しいもの。そうでないと、心に愛が「足りない状態」なので、人に愛を与えられる余裕はなく、人から愛されることで安心しようとしてしまうのです。

つまり、心に愛を増やすためには、次のような流れが大切です。

まず、自分を愛する→自分以外の存在を愛する

では、自分を愛するために大切なことは何でしょうか。

1 2