コラム 「一緒にいて楽な人」をパートナーとして選べる人は、幸せになれる理由~その1~

「一緒にいて楽な人」を選べる人は、結婚生活を想定できていることが多い

では、本題の「一緒にいて楽な人」を選べる人は、どうして幸せになりやすいのでしょうか。それは、逆のパターンを考えると、見えてくることがあります。
例えば、「一緒にいて楽な人がいい」と分かっていても、いざ、パートナー選びでは、「異性として惹かれる人」「一般的にいい条件の人」「高嶺の花の人」を求めてしまう人は、意外といます。

<30代のBさんは、裕福な生活を送りたくて、エリート会社員の男性と結婚しました。そういう相手の妻になることで、自分の社会的ステータスが上がると思ったのです。
でも、いざ結婚してみると、エリート一家である彼の家族は、一般的な家庭で育った彼女に対して厳しく、夫も妻を助けるどころか、「もっと自分を磨いてほしい」と催促する始末。
結局、結婚生活に疲れてしまい、離婚を決めたそうです>

たとえ「高嶺の花の人」と結婚できたとしても、結婚後も、“相手が高嶺にいる状態”でいさせてくれるとは限りません、自分も同じくらい高嶺に上がっていかないと、パートナーとして認めてもらえないこともあるでしょう。だから、必ずしも、「玉の輿に乗れば幸せ」というわけではないのです。

結局、「異性として惹かれる人」「一般的にいい条件の人」「高嶺の花の人」を求める人は、結婚生活をイメージしていないまま、突き進んでしまうことが多いもの。
たとえ「異性として惹かれる人」と結婚できたとしても、一緒に暮らすようになると、だんだん「異性として惹かれる気持ち」はおさまってくるので、そうなったときは、話が合ったり、居心地の良かったりしなければ、別れたくなることもあるでしょう。
また、生活できるくらいの経済力は大切ですが、単にお金持ちであればいいわけではありません。お金の価値観が違うと、夫婦間でトラブルは多いものです。

「結婚によって、今の自分をステップアップさせたい」と思うことは、必ずしも悪いことではありませんが、そういう人は、現在の自分を肯定できていなかったり、劣等感を抱いていたりするので、“本当の自分”を理解できていないことが多く、また本来の「結婚の意味」を見失っているところも。
逆に、「一緒にいて楽だと思える相手がいい」と思う人は、基本、自分が等身大でいられる人を選ぶもの。それは、自分のことをよく理解できていたり、今の自分に対してある程度、納得できていたりする証拠でもあります。それは、幸せでいるために大切なことです。
つまり、ただ単に「一緒にいて楽だと思える相手を選ぶから、幸せになれる」のではなく、そもそもその人は、“幸せな人になる素質”を持っているのです。
言い換えれば、「一緒にいて楽だと思える相手」を選べる時点で、“幸せになれる思考”を持っていることも多いのです。
それについては、後半に続きます

1 2

プロフィール

コラムニストひかり

夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍『“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~』(ステップモア)、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネの “子供おばさん” 日記」や4コマ漫画「子供おばさん」で、アメブロの公式トップブロガーとして活躍。ホンネの“子供おばさん”日記(https://ameblo.jp/olhonne/)4コマ漫画「子供おばさん」(https://ameblo.jp/kodomoobasan/)